見て歩き北九州発 音楽
カーオーディオ苦労話
1998年〜
車の絵  ホーム・オーディオの場合、装置は「青天井」と言われています。車の中では空間が限られていますので、装置自体は「青天井」ではありません。
車の中では悪い音を出さないようにすると良いようです。スピーカーの位置、取付方法、デッドニング(振動の吸収・遮断)で 音が良くなります。昔乗っていた車は、スピーカーの位置、取付方法、車の空間等のバランスが良かったのか、気に掛かりませんでしたが、今乗っている車は音に不満が出て、思わず苦労する羽目になってしまいました。
 1.はじめは純正

 はじめは純正(カセットのみ)でした。ただし、スピーカーのみは市販の良品に交換。(1998年)

 2.安いCDチェンジャー購入が悲惨になるキッカケ

 カーショップで安いCDチェンジャーが目につき、思わず購入しました。カーラジオに音を飛ばすタイプです。 聴いてみると、CDなのにとても音が悪い。テープ(メタル)より音が悪かった。 どうも純正ラジオの音質が悪いと判明。(1998年)

 3.ヘッドユニット交換

 CDチェンジャーが直接つながるカーオーディオのヘッドユニットに交換して、CDの音が良くなりました。 ついでにMDチェンジャーを追加しました。CDは聴きたくない曲も入っているので、MDが便利です。(1998年)

 4.スピーカー交換(2回目) スピーカーがドア内張りに!

ツイータ写真 しばらくこの装置のまま聴いていましたが、どうも音に納得出来できず、スピーカーをより良いものに交換しました。 ツイーターはセパレート型です。なるほど、音が良くなりました。

 このとき、気がついたのですが、なっ何と、スピーカーはドア鉄板に付いているのではなく、内張りに取り付けられているではありませんか。これでは良い音は出ません。と言うか内張りが震えて悪い音が出ます。それで、この車は音が悪かったと判明しました。スピーカーは、がっちり固定されていなければなりません。この車の場合、ドア鉄板へのスピーカー取付はできるかどうか不明な上、できたとしても大変な作業になりそうだったので諦めました。

 5.ヘッドユニット交換(2回目)

 やはり、まだ納得がゆきません。何か音が変です。 現在のヘッドにはイコライザーがないので、イコライザー付ヘッドユニットに交換しました。補正によって多少音が良くなりました。なお、DSPなども付いていますが、原音を変形し過ぎて好みではありませんのでDSPはオフにしています。

 6.アンプ追加、サブウーファー追加

ウーファー写真 まだ、納得がゆきません。内蔵アンプをやめ、外付けアンプ(バッテリ直結)にしました。残念ながら外部アンプの効果は分からないレベルでした。
 さらにサブウーファーを追加。サブウーファーは明らかな効果がありした。控えめにしないと中音高音が「こもって」聞こえます。
 サブウーファー追加時の注意点は、ヘッドユニットにサブウーファー専用のRCA出力があれば、それを利用することです。サブウーファーの調整ができますし、音が良くなります。通常?はスピーカーコードの途中からサブウーファーにつなぐ方法をとるようです。RCA出力の専用RCAコードは別売で取り寄せの場合もあるので購入時に確認しましょう。

 7.ネットワーク(LC回路)自作

 まだまだ、納得がゆきません。音を良く聴くと中域が出ていません。特にボーカルやギターの音が奧に引っ込んだ音で、安い携帯ラジオのように扁平な音です。また、ツイーターは、ほとんど聞こえていません。ツイーターに耳を近づけるとシンバルの余韻の音が少し出ている程度です。これではあまり役にたっていないように思えます。
 別の車に乗ったとき、6スピーカーでフロントの小さいスピーカー(ツイーター?)から人の声が入り聴きやすい音が出ていました。そこでツイーターから人の声を出そうと思った次第です。実際はセンタースピーカー的な音の出方の位置付けにしようと考えたのです。今のツイーターは比較的大きめのコーンで耐久性もありそうです。人の声を出しても大丈夫と判断しました。
 <変更後>
ネットワーク図後ツイーターは、もう少し中音域が出るよう、ネットワークを変更し、クロスオーバ周波数を1000Hzでローカットに変えてみました。以前のネットワーク(ハイパスフィルター)は約6000Hzでローカットになっていました。つまり6000Hz以上の音しか出ない設計なのです。どうりでシンバルの余韻の音くらいしか聞こえないはずです。

<変更前>
ネットワーク図前
・  LC回路の設計は、インターネット等で調べられるから便利です。 (「ネットワーク設計 算出」等のキーで検索)
・  コイルやコンデンサについては、インターネットでお店を調べ、カタログ請求により、 良い品が手に入るようです。しかし私の場合は近くに無線屋があり、安い品を買いました。何百円です。
ローカット周波数を下げ過ぎると中音域がツイーターにかかるので、音量は上げられません。スピーカーには許容入力があります。恐る恐る確認すると、音を大きくしても幸運にもツイーターに異常は出ませんでした。苦労の末、やっと不満に思わないレベルになりました。

 8.サテライトスピーカー増強

サテライトスピーカー写真 横に人を乗せて走る場合、後方から音を出すと、音楽を聴きながら話もできます。 次は後ろのスピーカーを補強しました。
 この場合はネットワーク内蔵のサテライトスピーカーがありましたので、 従来の(「こもって」いる)スピーカーに追加しました。 スピーカーにはコーンの大きさにより、出やすい音域があります。 従来の16cmスピーカーに約6cmのサテライトスピーカー追加です。サテライトは方向性も良いです。これで少し明るい音になりました。
 サテライトスピーカーの場合、固定場所と配線を目立たなくする事がポイントです。 配線は内貼りをはずして、その奥にビビらないよう止めると目立ちません。
 内貼りのはずし方などは、ディーラーでマニュアル該当部分をコピーしてもらうのが一番ですが、 ある程度はインターネットでも紹介されています。本当にインターネットって便利です。

 9.全て装置を撤去!!入替!

 ある日、カーオーディオ雑誌を見ていたら、カーオーデォの試聴特集があり、 私が思っていた事(ボーカルやギターの音が響かない)と同じ事が使用中のメーカーに書かれていました。 これは私の好みではないので、メーカー変更を決意しました。
 ヘッドユニットのメーカーを換えるとCDチェンジャー・MDチェンジャー等全て交換になります。一大決心です。 ネッドユニット写真出費が多くなるので、慎重に選び、ボーカルやギターの音が良く響き、柔らかい音が出るクラリオンのADDZESTに決め、今までのシステムは撤去しました。 撤去したものは、ヘッドユニット、アンプ(バッテリ直結)、CDチェンジャー2台、 およびMDチェンジャーです。これで、やっと納得がゆきました。

 10.デッドニング挑戦

 デッドニング等の材料がカーショップで売っているのを発見しました。それで、デッドニングにも挑戦です。インナーバッフル(木枠)も車種別にあるのが良かったです。 しかし、内貼りをあけて良く見てみますと、木枠が内張りに当たり、このままでは取り付けられない事が判明しました。 木枠は、只今保留中です。
 内貼りの一部を切り取らなければなりませんが、その後の加工案が浮かばずにデッドニングは挫折しました。

 11.サウンドシャキット装着

 「サウンドシャキット」という製品を発見しました。5万円弱でした。これは名前の通り音をシャキッとする装置です。シャキッと言ってもカリカリではなく柔らかく澄んだ音です。 スピーカー線の間に挿入する装置(4スピーカー対応)で、どの車にでも適合します。カーショップで取付けてもらいました。
<感想>
 確かにシャキッとしました。 高音と低音を引き立たせるとの事ですが、高音はギラつきがなく、 アコースティックギターの音とボーカルがとても心地良く響きます。 これは難しい調整は少なく、良い音が出ています。 不思議・・!。イコライザやDSPをオフにして使用しています。 メーカマニュアルでもオフにするよう注意書きがあります。これは最高の音・・まではないかも知れませんが、とても聞きやすい心地よい音です。音楽を聞く度に感動しています。
※サウンドシャキットは、2015.05に完売になったようです。

 12.おまけ

 妻に軽自動車を購入しました。純正オーディオで聞きやすい音が出ていましたが、 CD、MDが使えないので、前の撤去した装置を取り付けました。思ったより良い音が出ています。 スピーカーはドア鉄板に取り付けられていますし、車内空間等のバランスが良いのでしょう。 今までの苦労は何だったんだろう!

 13.おまけ・・・のおまけ

 10年後、車を買い換えました。車種は同じです。純正で良い音が出ているではありませんか。 良く見るとスピーカーがドア鉄板に頑丈に取り付けられています。前の車はドア内張り取付スピーカーだったので反省・改良があったのか。また、今度の車は6スピーカーです。
 念のためスピーカーは市販良品に換え、木枠も取り付けて貰いました。その際、フロントの小さい純正スピーカーは活かしてもらいました。人の声が良く出ているからです。スピーカー交換後、視聴結果は、あまり変わりませんでした。元々のスピーカーも粗悪品ではなかったようで、そのままでも良かったみたいです(^-^; (2008.6)


 数年後、妻の軽を買い替えました。時代はカーオーディオではなく、カーナビの時代になりました。 バックモニターが欲しいがためにカーナビをディラーで純正を選んで入れました。価格で下から2番目の製品です。 カーナビは、パイオニア・カロッツェリアのOEMのようです。これはすごく音が良いので驚いています。 音が良いという意味はボーカルが良く響き、澄んだ柔らかい音という意味です。もちろんスピーカーは純正です。 音はヘッド(アンプ)によって大きく違うというのを思い知らされました。(2014.1)

 この後、自分の車を買い替えました。今度の車は6スピーカではありませんでした。このためツイーター単品を買いました。 これはハイパスフィルターが組み込まれているようです。私が買ったのは、人の声もわずかにでるくらいの設定でした。これは思わず良かったです。 セパレート型スピーカーのツイーター部は人の声が聞こえないのもあって、これではボーカルが良くなりません。 以前のようにネットワークを自作するのも今は面倒です。これは安いのに良い買い物でした。
 サブウーファーは座席の下の入る小さな物でしたが、低音はわりと良く出ています。 ヘッド(カーナビ)がサブウーファーレベルの設定できたり、クロスオーバー周波数・カッティング深さを調整できるので好みの音に調整できます。 メリハリのある低音が出るようになりました。 最初は別売のRCAコードを注文してなくて追加工事となりました。RCAでなくスピーカー線から取る接続は調整もできなく音の分離も悪く最悪でした。 サブウーファー導入時、RCAコードも購入は要注意です。そして、そもそもサブウーファーに対応しているヘッドでないといけません。(2014.6)

 やはり欲が出るのか、妻の純正ナビの音が私の車より良い(ボーカルが良く出る)ので、そのような音を聞きたくなります。 昔使ったサンウンドシャキットの感動を呼ぶ音が忘れられません。サンウンドシャキットが売られていないのがとても残念です。 ツイータを入れてもサブウーファを入れてもデッドニング(防音・吸音)してもヘッドの音色を換える訳にはいきません。次があるならヘッド交換か。(2016.2)

 おまけ・・・のおまけと言いつつ、いつまで続くのやら・・・(^^)ゞ

HOME   RETURN
Copyright 2002〜 見て歩き北九州発 All Rights Reserved