見て歩き北九州発 野鳥 一覧
ハシボソミズナギドリ衰弱
 ハシボソミズナギドリは、オーストラリア南部で繁殖し、ベーリング海附近で越冬します。日本近海では5月〜8月ごろに群れをなして現れます。最も長距離の渡りをする鳥の一つで、1年のうちに累計距離にして約32,000kmを移動するようです。このため途中で衰弱して死ぬことがあります。
説明の写真
堤防近く

堤防に近いところにいたので驚きました。

福岡県 2010.5

Canon EOS7D + APO500mmF4.5
説明の写真
波により
打ち上げられました。
衰弱している様子です。
説明の写真
その後

なくなりました。

【大量死漂着現象】
ハシボソミズナギドリは、大量死の漂着がときおり見られています。
原因は、巣立ち雛がオーストラリアからベーリング海まで長距離を移動するため、途中の強風の影響などによりコースを外れ、力尽きるためのようです。
 

砂浜で動いているときの動画です。
 

海にいるときの姿。

ちょっと前、近い場所で数羽打ち上げられたようですが、調査結果ウイルスではなかったようです。長距離の渡りは厳しいことが伺えます。

HOME  RETURN
Copyright 2002〜 見て歩き北九州発 All Rights Reserved