見て歩き北九州発 野鳥 一覧 チドリ目カモメ科
キアシセグロカモメ 黄足背黒鴎 Yellow-legged Gull,Caspian Gull Larus cachinnans  
全長61cm まれな冬鳥
生息場所:夏は大西洋から中央アジアで繁殖し、冬はヨーロッパからアフリカ北部・ペルシア湾周辺・中国南部の沿岸に渡り越冬する。日本には冬鳥としてきわめて少数が渡来する。 習性:本種をはじめ大型カモメ類は何でも食べる。

■雌雄 同色
説明の写真
通称モンゴルセグロカモメ

日本にやって来るのは亜種モンゴリアス。
亜種モンゴリアスはセグロカモメの亜種とか単独種としての見方があり流動的

熊本県 2012.3

Canon EOS7D + EF600mmF4L * 1.4

■夏冬 同色(冬羽でも頭には斑はほとんどない。)
■特徴など
説明の写真
白さと目の大きさで見分け

亜種モンゴリアスは、頭が冬羽でも白っぽく、目が小さい。上面はセグロカモメよりやや淡い。嘴は太く先が膨らんでいない。目の周りは赤い傾向がある。足は、キアシセグロカモメの亜種とはいえピンク色。

熊本県 2008.1

SWAROVSKI STS80HD (30W) + SONY DSC-W7
説明の写真
セグロカモメとの比較

手 前:セグロカモメ
その奥:モンゴル

背の色はセグロカモメよりやや薄い。 モンゴルの頭の白さと嘴の太さがわかります。

熊本県 2008.1

SWAROVSKI STS80HD (30W + SONY DSC-W7
説明の写真
アップで 右手前:セグロカモメ、左奥:モンゴル
説明の写真
 セグロカモメとの比較
 左:セグロカモメ  右:モンゴル モンゴルの方がやや大きい。 熊本県 2012.3
説明の写真
顔アップ

目が小さく周りが赤いタイプ。

熊本県 2012.3

Canon EOS7D + EF600mmF4L * 1.4
説明の写真
オオセグロカモメ
との比較

顔をあげた
中:モンゴル
右:オオセグロカモメ


熊本県 2008.1

SWAROVSKI STS80HD (30W) + SONY DSC-W7
説明の写真
飛び出し


熊本県 2012.3

Canon EOS7D + EF600mmF4L * 1.4
説明の写真
飛翔1


熊本県 2012.3

Canon EOS7D + EF600mmF4L * 1.4
説明の写真
飛翔2


熊本県 2012.3

Canon EOS7D + EF600mmF4L * 1.4

■亜種
  ・ Larus cachinnanas cachinnanas  キアシセグロカモメ(中央アジア)
  ・ Larus cachinnanas barabensis  キアシセグロカモメ亜種(中央アジア)
  ・ Larus cachinnanas mongolicus  キアシセグロカモメ亜種(亜種モンゴリアス)


HOME  RETURN
Copyright 2002〜 見て歩き北九州発 All Rights Reserved