見て歩き北九州発  野鳥 一覧  スズメ目セキレイ科
マミジロタヒバリ  眉白田雲雀  Richard's Pipit  Anthus richardi  
全長18cm 旅鳥
【生息場所】 中国や東南アジア、その他に生息し、北方の個体は冬季南方へ渡る。 日本では、旅鳥として少数が通過する。農耕地、背の低い草地などで見られる。  【習性】 長い足で素早く歩き回る。立ち止まっては尾を振る。深い波形を描いて飛ぶ。  【声】 「ビュン ビュン」、「ビューン ビューン」

■雌雄 同色
説明の写真
スマートな体に眉斑が特徴

姿勢は起き上り気味
ただし、他の鳥も警戒するときは起き上りますので注意が必要。

山口県離島 2007.4

SWAROVSKI STS80HD (20-60zoom) + SONY DSC-W1

■夏冬 同色
■亜種(国内) なし

■特徴など
説明の写真
地上にいるときは

よく見えるところで活発に走り回り、またよく鳴きます。

ここでは2羽でいました。

山口県離島 2007.4
説明の写真
言われないとマミジロタヒバリとは気づきにくい

非常に大きなしゃがれた声で、「プィシェーン」「ピィシュイーン」「ビュイーン」と鳴くので遠くからでもわかります。

天草 2006.4
 <参考>飛び立つときの声:
・マミジロタヒバリ .「プィシェーン」「ビュイーン」 非常に大きなしゃがれた声
・コマミジロタヒバリ .「チュッ チュッ」 濁らない
・タヒバリ     「ピピピピ」と鋭い声。
・ムネアカタヒバリ 「スィーッ」 細く高音質で尻上がりの声
・セジロタヒバリ 「チュッ、チュッ」、鳴いていないこともある。
・ビンズイ    「ツイッ〜」「ズィー」
説明の写真
正面

タヒバリやヒバリに比べると、旨の縦斑が少ないようにかんじます。

天草 2006.4
 
HOME   RETURN
Copyright 2002〜 見て歩き北九州発 All Rights Reserved.