見て歩き北九州発 野鳥 一覧 ペリカン目サギ科
サンカノゴイ 山家五位 Eurasian Bittern Botaurus stellaris  
全長68cm 北部九州では冬鳥
生息場所:ユーラシア大陸中部、北アフリカ、南アフリカで繁殖し、冬期に北方の個体は、東南アジアやインド、アフリカに渡り越冬する。 日本では一部で繁殖しているが、北海道では夏鳥で、本州以南では冬鳥として少数が渡来して、アシ原の広がる水辺に生息する。個体数は少ない。 習性:害敵が近づくと、くちばし、くびを上に伸ばし、正面を向いて静止する。

■雌雄 同色
説明の写真
抜き足差し足

サンカノゴイは大型のサギ類です。
じっとしている事が多く、見つけにくい。動く時もゆっくりでした。

福岡市 2006.2

Panasonic FZ30

■夏冬 同色
■特徴など
説明の写真
アップ

上と同じ個体。近かったので倍率の小さい20倍で撮影。

福岡市 2006.2

SWAROVSKI STS80HD (20-60zoom) + SONY DSC-W1
説明の写真
擬態

葦に似せています。

福岡市 2006.2

Panasonic FZ30
説明の写真
擬態(横姿)

顔を少し動かしました。

福岡市 2006.2

説明の写真
これも擬態のひとつか

この個体は見ている間中、ほとんど動きませんでした。
筑紫野市 2005.2

SWAROVSKI STS80HD (20-60zoom) + SONY DSC-W1
説明の写真説明の写真
 (左)安心すると擬態を解き顔を下げます。
 (右)さて、このような状況で見つけられるでしょうか。(これでもアップです)
説明の写真
どこでも同じような

所にいます。

山口県 2012.12
説明の写真
飛翔1

島根県 2008.12
説明の写真
飛翔2

島根県 2008.12
説明の写真
飛翔3

山具県 2018.1

■亜種
B. s. stellaris   ユーラシア大陸中部、北アフリカに分布
B. s. capensis   アンゴラ、ザンビア、モザンビーク、南アフリカに分布

HOME  RETURN
Copyright 2002〜 見て歩き北九州発 All Rights Reserved