見て歩き北九州発 野鳥 一覧 スズメ目ホオジロ科
サバンナシトド 叢林鵐 Savannah Sparrow Passerculus sandwichensis  
全長約14cm。スズメくらい。 まれな冬鳥、または旅鳥
生息場所:アラスカ、北アメリカ大陸で繁殖し、冬季、南へ渡り越冬する。草地や農耕地に生息する。 習性:地上を跳び跳ねながら、昆虫やミミズを採食する。 声:地鳴き:「ツィッ」、「ヂィ ヂィ」(金属的)

■雌雄 同色
説明の写真 クサチヒメドリ
以前はこう呼ばれていました。
サバンナシトドは当時俗称で、「日本鳥類目録改訂第7版」でサバンナシトドと正式に呼称されるようになりました。
なお、サバンナは熱帯草原のことではなく、最初に見つかったジョージア州の町サバンナ(サバナ)のことらしい。紛らわしい。 シトドとはホオジロの古称。



静岡県 2014.2
Canon EOS7D + EF600mmF4L * 1.4

■夏冬 同色
■亜種 なし

■特徴など
説明の写真
眉斑

黄色味を帯びています。
黄色味のない個体もいるようなので、これは分かりやすくて良かった。

静岡県 2014.2

Canon EOS7D + EF600mmF4L * 1.4
説明の写真
前から

腹は白っぽく脇には縦斑がある。

静岡県 2014.2

Canon EOS7D + EF600mmF4L * 1.4
説明の写真
後ろから


静岡県 2014.2

Canon EOS7D + EF600mmF4L * 1.4
説明の写真
姿を

表すことは少ないが、そんなとき、こんな所にいたりします。
以前、長崎に出現したときは、見られなかったので、リベンジできて良かった。

静岡県 2014.2

Canon EOS7D + EF600mmF4L * 1.4

HOME  RETURN
Copyright 2002〜 見て歩き北九州発 All Rights Reserved