見て歩き北九州発
天草 熊本県
説明の写真
藍のあまくさ村

天草に渡ったら天草四郎がお出迎えします。
物産館なので帰りにお土産も良いです。


2013.10
説明の写真
顔アップ



2013.10
説明の写真
天草海洋レジャーランド

野性のイルカを見る前に、ココでイルカショーなど見学です。
1999年頃までには海上ロープウェイがあったようです。

熊本県本渡市

2010年12月閉館
今はホテルアレグリアガーデンズ天草がある。(2013.04.01)
説明の写真説明の写真
イルカと握手                同時ジャンプ
説明の写真説明の写真
ペンギンにキビナゴを与えています。贅沢(>_<)         ハトが・・・    .
説明の写真説明の写真
ペンギンアップ   と     スナメリ    .

イルカウォッチング
説明の写真
熊本県天草郡五和町より出港
(島原や天草の他の箇所からも出港しています)

10分でイルカに遭遇。 イルカは五和町沖通詞島周辺に300頭ほど生息し、 遠方に回遊しないので世界的にも珍しい。 温暖な気候で餌が豊富にあるためのようです。
説明の写真
イルカは3分に1回呼吸のため水面に上がります。
夜は・・眠らないとのこと。脳が半分ずつ休んでいるようです。
説明の写真説明の写真
船がたくさん。      イルカのややアップ。

不知火(しらぬい)について
 不知火という地名があるので、不思議に思い調べてみました。不知火とは、八代海や有明海の海上に見られる不思議な火。 今から千数百年前、景行天皇九州ご巡幸の折、何の火か御下問なされたが、 誰も知らない火だったので、こう名付けられたそうな。 これはいわゆる蜃気楼で側面遠くの漁火が見えているそうです。

八代海は、昼間かなり沖合まで潮が引いて、干潟が西の太陽に熱せられる。 その干潟が、夜間に満ちて急に冷やされるため、空気が大きく移動しレンズ状となり、 それを通して蜃気楼が見えるらしい。

旧暦8月1日(新暦8月中旬〜9月中旬:年によって異なります)付近の 午前1時頃良く見えるようなので、一度見て見たいものです。 (場所はいくつかあるのでしょうが、「天の平農村公園」などあるようです。) ただし、天候によっては見られないようなので、見るには根気が要りそうです。

H O M E RETURN