見て歩き北九州発
軍艦島(長崎県)
 建物と島とが軍艦のように見えることから通称「軍艦島」と呼ばれます。正式名称は「端島」です。 軍艦島は2015年7月に世界文化遺産に登録されました。かつては5000人余りが暮らしていた海底炭鉱の島でした。
 全盛期は、炭鉱施設・住宅のほか、小中学校・店舗・病院・寺院・映画館・理髪店・美容院・パチンコ屋・雀荘・社交場(スナック)などがあり、島内においてほぼ完結した都市機能を有していたようです。
説明の写真
軍艦島

海岸から
軍艦のように見えます。


長崎県 2013.10
説明の写真
やや上から


長崎県 2013.10
説明の写真
建物アップ


長崎県 2015.5
説明の写真
豪華客船と

軍艦島


長崎県 2017.5
説明の写真
軍艦島に沈む

夕陽を見る人


長崎県 2015.5
説明の写真
夕陽と

軍艦島


長崎県 2017.5
説明の写真
沈む夕陽と

軍艦島


長崎県 2015.5

 <上陸について>
   上陸条件:長崎港からのクルーズ船、勝手に上陸は不可(要許可)
     ※周遊のみを行っている船会社もあり
   見学場所:見学場所は島南部の見学施設だけ
   所要時間:片道約45分、約18km
   最短距離:野母崎半島から西へ約4km(上陸船の距離より短い)

 <軍艦島資料館>
   施設場所:野母崎半島先端
   営業時間:9時〜17時(年末年始を除き年中無休)
   入場料 :一般200円
   参考情報:横の「こっとん」というお店に軍艦島カレー有り税込み1,080円数量限定

 <軍艦島コンシェルジュ:軍艦島デジタルミュージアム>
   施設場所:長崎港付近(長崎堂ビル内)
   営業時間:9時〜18時(不定休)
   入場料 :一般1,800円

H O M E RETURN