見て歩き北九州発 野鳥 一覧 ペリカン目サギ科
アマサギ 黄毛鷺 Cattle Egret Bubulcus ibis  
全長50cm 北部九州では一部留鳥
生息場所:夏季にアメリカや朝鮮半島で繁殖し、冬季になるとアフリカ北部、オーストラリア、フィリピンなどへ南下し越冬する。日本では夏鳥として渡来するが、九州以南では冬に残るものがいる。 習性:群生が強い。他のサギ類と混じることもある。主に土の中の虫を食べる。声:「グワァァ」「グワァァ」

■雌雄 同色
■夏冬
説明の写真
夏羽 福岡県赤村 2004.4
KOWA TSN-664 (30*W) + Nikon COOLPIX4300
説明の写真
婚姻色

同じ場所にて
説明の写真
婚姻色アップ 目が赤く婚姻色になっています。
説明の写真
冬羽

冬羽は白くなります。
大きさはコサギに近いですが、くちばしが黄色いので、コサギでないとすぐ分かります。

北九州市 2006.9

Canon EOS30D + EF400mm F5.6
説明の写真
冬羽へ移行中


福岡市 2013.8

Canon EOS7D + EF600mmF4L * 1.4
説明の写真
幼鳥

ずいぶん育って親と変わらなくなっています。

苅田町 2015.7

Canon EOS7D + EF500mmF4LIS II * 1.4

■亜種(国内) なし

■特徴など
説明の写真
群生が強い。

アマサギは群れます。

苅田町  2003.05

Canon EOS5 + EF75-300mm F4-5.6IS
説明の写真
良くトラクターの後を追いかけます。トラクターの後は掘り返されて虫が出てくるからです。

人(この場合トラクター運転手)にカメラを向けるのは失礼なので、向こうを向いている時にすばやく撮りました。

中津市  2005.6
説明の写真
飛翔の姿

冬羽と夏羽

対馬  2006.05
説明の写真
飛翔2

夏羽どうし

山口県  2007.04

HOME  RETURN
Copyright 2002〜 見て歩き北九州発 All Rights Reserved