見て歩き北九州発 野鳥 一覧 スズメ目ホオジロ科
アオジ 青鵐 Black-faced Bunting Emberiza spodocephala  
全長16cm 北九州では冬鳥
生息場所:冬に本州中部以南で場所で見られる。夏は本州中部以北で繁殖する。 習性:ヤブの中を好むが、さえずりは木の枝先などの目立つ所で鳴く。 声:さえずり:「チュッチン チュルリ ティーリューリー」、地鳴き:「チッ」

■雌雄
説明の写真
オス

黄色っぽい緑色の鳥です。昔は今の緑のことをアオと呼んでいたようです(今の青は瑠璃色と呼んでいました)。

オスは目の周りが黒っぽい。

福岡市 2006.4

SWAROVSKI STS80HD (20-60zoom) + SONY DSC-W1
説明の写真
メス

黄色味が薄く、目の周りが黒っぽくありません。

大阪府 2007.3

■夏冬
説明の写真
夏羽(オス)

夏羽は全体的に黄色が鮮やかになります。

長崎県 2009.4
説明の写真
冬羽(オス)

冬羽は黄色味が強くありません。

椎田町 2005.1

■特徴など
説明の写真
バックによっては黄色味が強く見えます。

お気に入りのバックにて
鳥の色合いとバックの色合いがコーディネイトされています。
コーディネイトはこうでねぇと(^-^;

佐賀県 2005.2
説明の写真
雪がお似合い

冬鳥は雪がお似合いです。

山口県 2013.1

Canon EOS7D + EF600mmF4L * 1.4

■亜種(国内)
  亜種アオジ
  亜種シベリアアオジ
説明の写真
亜種シベリアアオジ
(オス)

亜種アオジより上面は灰色味が強い。これは胸まで灰色です。


長崎県 2011.4
説明の写真
亜種シベリアアオジ
(メス)

メスは、亜種アオジより上面は灰色味が強く、下面の黄色味が弱い。
シマアオジやシマノジコのメスよりも黄色味が弱い。黄色味がほとんどない場合もある。

福岡県 2010.05
説明の写真
亜種シベリアアオジ
(オス)

亜種アオジより上面は灰色味が強い。これは胸まで灰色です。


対馬 2007.5
説明の写真
亜種シベリアアオジ
(オス)

亜種シベリアアオジにしては喉や胸が淡い。


対馬 2007.5
説明の写真
亜種シベリアアオジ
(オス第1回夏羽)

上のも第1回夏羽くらいかも。

長崎県 2014.5
説明の写真
花と

亜種シベリアアオジ


長崎県 2011.4

HOME  RETURN
Copyright 2002〜 見て歩き北九州発 All Rights Reserved