見て歩き北九州発 野鳥 一覧 スズメ目アトリ科
ベニヒワ 紅鶸 Common Redpoll Acanthis flammea  
全長13.5cm 冬鳥
生息場所:冬鳥として、主に北海道、本州北部に渡来するが、年により渡来数の多少がある。平地や海岸の草地に生息し、広葉樹林でも見られる。 習性:群でいることが多く、ヨモギやマツヨイグサなどに止まって、種子を食べる。近くに木に止まって急速もする。 声:地鳴き「ジュン ジュン」、「ジューン」

■雌雄
説明の写真
メス

頭は紅色ですが胸は紅色ではありません。

オスは胸も紅色です。

好物の種子があるマツヨイグサに止まっています。

島根県 2009.1

Canon EOS30D + EF400mmF4 × 1.4

■夏冬 同色
■亜種(国内) なし

■特徴など
説明の写真
ヤシャブシ

の種子も食べていました。
この個体は、縦斑が少ないので若と思われます。


島根県 2009.1

Canon EOS30D + EF400mmF4 × 1.4
説明の写真
群れでいることが多い。

葦の鞘の中にいるカイガラモドキも食べていました。

上と同じ
説明の写真
雪の上で

上と同じ

HOME  RETURN
Copyright 2002〜 見て歩き北九州発 All Rights Reserved