5月の鳥など 2019.05.31

今月の状況

 【5月まとめ】 5月の連休は初めての10連休に世間が沸く月でした。また、令和があらたに始まりました。 鳥の方はポツンポツンと五月雨のように珍鳥が入りましたが、見られる人は限られた人だけと言った感じでした。私は限られていない人でした。今月も対馬に行ってみましたが特に凄い鳥は見られませんでした。また東征もしましたが、遅かったか特にという感じでした。

今月の写真

説明の写真

ヘラシギ(夏羽)


説明の写真

エリマキシギ


説明の写真

ハマシギ群れ ここは1万3千羽以上のシギチがいる所。凄いです。


説明の写真

オオタカ この時期見られるとは、ところ変わればです。


今月 観察した鳥など


シギ・チドリ類 ヘラシギが2羽見られていたので他には目を向ける暇がありませんでした。
クロツラヘラサギ 数羽残っていました。あまり橙色になっていませんでした。
ハジロクロハラアジサシ ヘラシギ観察中、夏羽のハジロクロハラアジサシが横切って行きました。ヘラシギからカメラのフレームを外すことが出来ずに残念(>_<)
アカガシラサギ 2回目の対馬での唯一の渡り鳥でした。対馬は今年もヤマショウビンが来なかったようです。ヤマシュウビンはもう見られなくなる時代か。
他の鳥 キガシラシトド(見た人がいるようです)、対馬には来なくて残念がっていた人がいました。
(その他) タヌキの置物にタヌキの看板

 以上

 観察範囲:長崎県本土と対馬


 

Copyright © 「見て歩き北九州発」 All Rights Reserved.