見て歩き北九州発 野鳥 一覧 チドリ目シギ科
エリマキシギ 襟巻鷸 Ruff Philomachus pugnax  
オス28cm、メス22cm 北部九州では主に秋の旅鳥
生息場所:夏は、ユーラシア大陸の北部から北極圏にかけて繁殖し、冬は、地中海〜アフリカ〜インド〜オーストラリアなどで越冬する。日本では春秋に通過する旅鳥。見られる頻度はやや少ない。 習性:繁殖地ではオスが決まった場所で、カラフルな襟を立てたり体の羽毛を膨らませて求愛行動を行う。子育ては雌だけが行う。 声:「クェー」

■雌雄 同色、大きさは異なる。
説明の写真
オス幼羽
(左)

頭が小さく見えます。

福岡市 2011.9

Canon EOS7D + EF600mmF4L * 1.4
説明の写真
オス幼羽
(左)

オオソリハシシギより少し小さいくらいです。

福岡市 2011.9

Canon EOS7D + EF600mmF4L * 1.4
説明の写真
メス幼羽
(中央)

オオソリハシシギよりずいぶん小さいです。

福岡市 2011.9

Canon EOS7D + EF600mmF4L * 1.4
説明の写真
メス幼羽
(中央)

アップ

福岡市 2011.9

Canon EOS7D + EF600mmF4L * 1.4
説明の写真
雌雄幼羽

雌雄2羽並んでいます。大きさの違いがよくわかります。

幼羽の時が識別しやすい。成鳥はくちばしの短いアオアシシギといったところ。

椎田町 2004.9
KOWA TSN-664 (30*W) + Nikon COOLPIX4300

■夏冬
  オス夏羽には首のまわりに襟巻状の飾り羽がでます。日本で見るのは難しい。
■亜種(国内) なし

■特徴など
説明の写真

特徴は

特徴は、胸や足が赤っぽい。くちばしが黒く短い。
幼羽は全体に黄褐色で、翼は黒い軸斑に黄褐色の羽縁があって鱗のように見えます。

北九州市 2003.9

KOWA TSN-664 (30*W) + Nikon COOLPIX4300
説明の写真
幼羽

鹿児島県 2007.9

SWAROVSKI STS80HD (30w) + Sony DSC-W7
説明の写真
飛ぶ姿


福岡市 2011.9

Canon EOS7D + EF600mmF4L * 1.4
説明の写真
飛ぶ姿2


福岡市 2011.9

Canon EOS7D + EF600mmF4L * 1.4
説明の写真
飛ぶ姿3


福岡市 2011.9

Canon EOS7D + EF600mmF4L * 1.4
説明の写真
首を縮めて

いると、エリの部分は余裕があるように見える。

福岡市 2011.9

Canon EOS7D + EF600mmF4L * 1.4
説明の写真
コアオアシシギと一緒


福岡市 2011.9

Canon EOS7D + EF600mmF4L * 1.4
説明の写真
 大勢 ここに合計10羽来ていました。
 こんなに大勢の群れを見るのは初めてです。 北九州市 2014.9

HOME  RETURN
Copyright 2002〜 見て歩き北九州発 All Rights Reserved