見て歩き北九州発 野鳥 一覧 スズメ目ゴジュウカラ科
ゴジュウカラ 五十雀 Nuthatch Sitta europaea  
全長13.5cm 留鳥
生息場所:ユーラシアに広く分布する。日本では留鳥として山地の広葉樹林で見られる。 習性:幹や太い枝にタテに止まったり、頭を下にしたまま幹を下りることができる。太い枝の下側を自由に移動することもある。 声:「フィフィ」、「ツィツィ」

■雌雄 ほぼ同色
説明の写真
青灰色の背に過眼線が特徴。

このときは2羽でいました。
何やら実を食べています。

添田町 2007.3

SWAROVSKI STS80HD (20-60zoom) + SONY DSC-W1
■夏冬 同色
■特徴など
説明の写真
高い山では良く見かけます。

熊本県 2007.7
説明の写真
ゴジュウカラしいポーズ。

愛媛県 2007.8

Canon EOS30D + EF400mmF5.6
説明の写真
ゴジュウカラしいポーズなのか
降りようとしているのか

どちらか良くわかりません(^^;

香川県 2014.3
説明の写真
近い1


香川県 2014.3
説明の写真
近い2


香川県 2014.3

■亜種(国内)
  ・亜種シロハラゴジュウカラ(北海道)
  ・亜種ゴジュウカラ(本州)
  ・亜種キュウシュウゴジュウカラ(四国・九州)
説明の写真
亜種シロハラゴジュウカラ

腹も脇も白いです。これは平地近くにいました、不思議なかんじです。

北海道 2010.12
説明の写真
亜種ゴジュウカラ

エサを捕まえています。

広島県 2008.6
説明の写真
これは亜種キュウシュウゴジュウカラでしょう。

木の皮も剥いでいます。

添田町 2007.3

SWAROVSKI STS80HD (20-60zoom) + SONY DSC-W1

HOME  RETURN
Copyright 2002〜 見て歩き北九州発 All Rights Reserved