見て歩き北九州発 野鳥 一覧 スズメ目ヒバリ科
ハマヒバリ 浜雲雀 Horned Lark Eremophila alpestris  
全長16cm 稀な冬鳥
生息場所:ユーラシア大陸から北アメリカにかけてのツンドラ地帯や、中央アジアの乾燥地帯で繁殖し、冬はトルコ〜中国西北部、アメリカやメキシコに渡って越冬する。砂地や草地などの開けた土地に生息する。 習性:地上で植物の種子等を採食する。 声:地鳴き:「ツィーリー」、「ピリ ピリ」

■雌雄 ほぼ同色
説明の写真
冬羽

島根県 2011.2

Canon EOS7D + EF600mmF4L * 1.4

■夏冬 夏羽は顔の黄色味や黒色が濃く、角状の冠羽が目立つ。
■亜種(国内) なし

■特徴など
説明の写真
角状の冠羽

が特徴なのですが、冠羽は見えませんでした。
冠羽は夏羽の方が見やすいようですが、冬羽でも角状の冠羽が見えることがあるようです。

説明の写真
ヒバリと一緒

やはり同じ仲間、ヒバリ科です。
ヒバリの場合は何らかのタイミングで冠羽を立てるのですが・・・。
説明の写真
翼を少し広げた姿


説明の写真
 雪が降っても耐えています。

HOME  RETURN
Copyright 2002〜 見て歩き北九州発 All Rights Reserved