見て歩き北九州発 野鳥 一覧 タカ目タカ科
ハチクマ 八角鷹、蜂角鷹 Honey Buzzard Pernis ptilorhynchus  
全長オス57cm、メス61cm 夏鳥
生息場所:ユーラシア大陸東部、インドから東南アジアで繁殖し、北方で繁殖した個体は冬季南下して、インドや東南アジア方面に渡り越冬する。日本では夏鳥として渡来し、九州以北の各地で繁殖する。ただし、渡りの時に見られることが多い。 習性:ハチの巣を好んで掘り出して食べる。 声:「タァー タァー」

■雌雄
説明の写真
オス成鳥(暗色型)

顔が灰褐色で目が黒い。


長野県 2009.9

説明の写真
オス成鳥(暗色型)

こちらは地元で。

この後、佐世保付近−五島列島から大陸に渡り大陸を南下するようです。 発信機による人工衛星の追跡調査のおかげで分かってきました。

春は大陸をずっと北上し朝鮮半島から日本に渡来するようです。


北九州市 2008.9

説明の写真
上面



北九州市 2013.9

説明の写真
メス成鳥(暗色型)

メスの虹彩は黄色


北九州市 2013.9


■夏冬 同色
■亜種(国内) なし、ただし暗色型、中間型、淡色型がある。
説明の写真
中間型(オス成鳥)

尾に黒くて太い横帯が2本

北九州市 2006.9
説明の写真
淡色型

頭部と体下面が白っぽい

メスか幼鳥のようです。

山口県 2006.9
説明の写真
淡色型 角度を変えて


山口県 2006.9
説明の写真
淡色型 角度を変えて

上と同じ個体


山口県 2006.9

■特徴など
説明の写真
背の模様

模様は様々です。

ハチクマはハチ(スズメバチやアシナガバチ、たまに養蜂場のミツバチ)を主食としますが、やはり刺されるようです。最初の頃は退散するけれど、そのうちハチは攻撃をしなくなるようです。理由はわかっていません。

長野県 2009.9
説明の写真
 タカ柱 タカ類は上昇気流を利用して舞うように上空に上がります。そして、そこから滑空します。何と楽そうな飛び方ではありませんか。滑空が始まると「流れた」と言います。
北九州市 2008.9
説明の写真
 アップで 中間型オス成鳥 北九州市 2006.10 Canon EOS30D + EF400mm F5.6
説明の写真
タカ柱作り始め


長崎県 2016.9
説明の写真
眼下

眼下に見られるのは気持ち良い。

長崎県 2016.9
説明の写真
木止まり

珍しく木に止まりました。
普通、木に止まっているのを見かけることはありません。

長崎県 2016.10

HOME  RETURN
Copyright 2002〜 見て歩き北九州発 All Rights Reserved