見て歩き北九州発 野鳥 一覧 チドリ目シギ科
ヒバリシギ 雲雀鷸 Long-toed Stint Calidris minutilla  
全長15cm 旅鳥
生息場所:シベリア中部からカムチャツカ半島で局地的に繁殖し、冬季は東南アジアやオーストラリアに渡り越冬する。日本では旅鳥として春と秋に全国的に渡来する。水田の刈跡、池沼畔、河原の水たまりなどに生息する。干潟に来ることは少ない。 習性:単独か数羽の群れをつくることはあるが、大群をつくることはない。 声:「プルルッ」」、「チュリリ」

■雌雄 同色
説明の写真
ヒバリシギ

ヒバリのように小さいことから付いた名前という説があります。 小さいと言われるトウネンとほぼ同じ大きさです。 トウネンは足が黒色ですがこちらは黄色です。
頭頂に特徴があるのはヒバリに似ているかも知れません。

椎田町 2005.8
SWAROVSKI STS80HD (20-60zoom) + SONY DSC-W1

■夏冬 同色
■亜種(国内) なし

■特徴など
説明の写真
背に見えるV字

これが目立ちます。
このV字は他のシギ類の幼鳥に良く現れます。

椎田町 2005.8
説明の写真
胸の模様から

と頭の帽子模様から、アメリカウズラシギ?  と思ったのですが、目先の模様の特徴からヒバリシギでした。
ヒバリシギは、アメリカウズラシギより一回り以上小さい。


山口県 2010.9
説明の写真
首を伸ばすと

このように見えます。
首を伸ばした姿勢は良くあるようです。

山口県 2010.9

HOME  RETURN
Copyright 2002〜 見て歩き北九州発 All Rights Reserved