見て歩き北九州発 野鳥 一覧 スズメ目ヒバリ科
ヒメコウテンシ 姫告天子 Short-toed Lark Calandrella brachydactyla  
全長14cm まれな旅鳥
生息場所:冬季は地中海沿岸〜インド西北部で越冬し、春はヨーロッパ南部〜中国北部に渡り繁殖する。日本では、まれな旅鳥、草地や農耕地、乾燥した荒地で見られる。 習性:食性は雑食で、地上で昆虫類や草の実を食べる。 声:地鳴き:「ジュジュ」、「チョチョチョ」、「チュン チュン」

■雌雄 同色
説明の写真
くちばしが

太く直線的。
これは近かった。 写真は大きく見えるがヒバリより小さい。
飛び立つときは良く鳴く。ヒバリのような「ビュル、ビュル」でなく、「ジュジュ」といった声。

長崎県 2013.04

Canon EOS7D + EF600mmF4L × 1.4

■夏冬 同色
■亜種(国内) なし

■特徴など
説明の写真
ヒバリに似る

が、ヒバリに比べて薄く見える。
胸にヒバリのような縦班がない。

あやうく、見過ごすところでした。

長崎県 2010.05

Canon EOS7D + EF600mmF4L × 1.4
 <参考:声が重要>
 ・ヒメコウテンシ 飛び立つとき「ジュジュ、ジュジュ」
 ・ヒバリ      飛び立つとき「ビュル、ビュル」
 ・コヒバリ    「プリッ、プリッ」
説明の写真
早朝、暗い時

に見ると色が薄くは感じませんでしたが、 胸に縦班がないのでヒメコウテンシと分かりました。
もっと色が薄いとコヒバリとかの可能性もあるので、色が薄く見えたら要注意です。

長崎県 2013.04

Canon EOS7D + EF600mmF4L × 1.4
説明の写真
これは2羽で

いました。
砂利を敷いているような所でも要注意です。

長崎県 2013.04

Canon EOS7D + EF600mmF4L × 1.4
説明の写真
こちらは

別の場所の県
この年は多く見られました。
この個体は数人の人の前でも平気でチョロチョロしていました。

熊本県 2013.04

Canon EOS7D + EF600mmF4L × 1.4

HOME  RETURN
Copyright 2002〜 見て歩き北九州発 All Rights Reserved