見て歩き北九州発 野鳥 一覧 カツオドリ目ウ科
ヒメウ 姫鵜 Pelagic Cormorant Phalacrocorax pelagicus  
全長73cm 北部九州では冬鳥
生息場所:冬に海岸などで見られる。北日本では繁殖している。 習性:群れになっていることが多い。声:「グウウウーン」

■雌雄 同色
説明の写真
成鳥

福岡市 2007.2

SWAROVSKI STS80HD (20-60zoom) + SONY DSC-W1

■夏冬
説明の写真
繁殖期には、

くちばし基部や目のまわりが赤色がかり体全体は緑色の光沢がでる。
その他、頭に小さな冠羽が出る。

山口県 2011.4
説明の写真
繁殖期は

腰の両側が白斑になる。

山口県 2011.4
説明の写真
飛翔横姿


山口県 2011.4

■亜種(国内) なし
■特徴など
説明の写真
くちばしが細い。


福岡県市 2007.2
説明の写真
ヒメウはウミウと一緒に

いたりするので、観察も気が抜けません。

上と同じ個体
説明の写真
ここでは1羽だけでした。

これは初めて見た時です。遠くから見て、もしや?と思い撮るとヒメウでラッキーでした。 近くにはカワウ1羽、ウミアイサ1羽。

福岡県玄界灘 2006.2
説明の写真
餌ゲット夏羽


山口県 2012.3

HOME  RETURN
Copyright 2002〜 見て歩き北九州発 All Rights Reserved