見て歩き北九州発 野鳥 一覧 チドリ目シギ科
イソシギ 磯鷸 Common Sandpiper Actitis hypoleucos  
全長20cm 留鳥(本州中部地方以北では冬季に南下する)
生息場所:ユーラシア大陸で繁殖し、冬季はアフリカ大陸やオーストラリア大陸、ユーラシア大陸南部などへ南下し越冬する。 日本では九州以北に周年生息する留鳥であるが、本州中部地方以北では冬季になると越冬のため南下する。 海岸、河川、池沼畔で生息する。 習性:浅いはばたきとグライディングを交互に行って飛ぶ。腰を上下によく振る。 声:「チーリーリーリーリー」

■雌雄 同色
■夏冬
説明の写真
冬羽

イソシギは、脇に白いくい込みがあるので、すぐ分かります。

冬羽は雨覆いの羽縁が白っぽく見える。

椎田町 2004.9

KOWA TSN-664(30*W) + Nikon COOLPIX4300
説明の写真
夏羽

夏羽は雨覆いの羽縁が白っぽく見えません。
豊津町 2003.7

KOWA TSN-664(30*W) + Nikon COOLPIX4300

■亜種(国内) なし
■特徴など
説明の写真
尾を上下しながら採餌します。

築上町 2007.2

SWAROVSKI STS80HD (20-60zoom) + SONY DSC-W1

イソシギ動画
説明の写真
井関でよく見かけます。

豊津町 2003.7

HOME  RETURN
Copyright 2002〜 見て歩き北九州発 All Rights Reserved