見て歩き北九州発 野鳥 一覧 スズメ目ヒタキ科
ジョウビタキ(常鶲) Daurian Redstart Phoenicurus auroreus  
全長15cm 冬鳥
生息場所:チベット、中国東北部、シベリアで繁殖し、非繁殖期は日本、中国南部、インドシナ半島北部への渡り越冬する。日本では冬鳥として渡来し、平地から低山地の明るく開けた場所に生息し、市街地でも見られる。 習性:杭の上など目立つ場所によく止まる。1羽ずつのなわばりを持つ。尾を振って、頭を下げる動作をよく行う。 声:「ヒッ ヒッ」、「クルルッ」、「カッカッ」

■雌雄
説明の写真
オス

ジョウビタキは、紋付き(袴)のように見える白斑が特徴。
初めて見た時は鮮やかさに驚きました。

椎田町 2005.02

SWAROVSKI STS80HD (20-60zoom) + SONY DSC-W1

顔のアップ
説明の写真
メス

白い紋模様はオスと同じです。

鳥に興味のない人は、スズメと思うかもしれません。昔の私がそうです(^^; 冬は良く見かけるので、良く注意して見てはいかがでしょうか。

椎田町 2004.10

■夏冬 同色
■亜種(国内) なし

■特徴など
説明の写真
この鳥は
目立つ所が好きです。街中にもいることがあります。TVアンテナにも止まったりします。

那珂川町 2004.11
説明の写真
オスのアップ
説明の写真


秋の渡来はまず、海岸線から先に見られます
。セイタカアワダチソウに止まっています。逆光でどうぞ。

2007.10 長崎県
説明の写真


冬はどこでも良く見られますが、雪とジョウビタキもよいものです。

2009.01 福岡県
説明の写真
冬のメス

冬はどこでも良く見られますが、雪とジョウビタキもよいものです。

2009.01 福岡県
説明の写真
飛び物

2008.11 長崎県
説明の写真
飛び物2

2011.1 福岡市
説明の写真
ガラスに

写る自分を敵と思い威嚇しています。

2008.11 長崎県
説明の写真
ガラス2

こんなのも

 こちらは変色?ジョウビタキ、背中・腰の色が普通と違います。 宮崎県 2016.3
 ⇒換羽失敗との説、セアカジョウビタキ交雑との説、もあります。
説明の写真
 

 上記、珍しいのでもう1枚 宮崎県 2016.3
説明の写真
 


尾をプルプルするのが面白い。

声も入っています。

2010.12 福岡県

HOME  RETURN
Copyright 2002〜 見て歩き北九州発 All Rights Reserved