見て歩き北九州発 野鳥 一覧 チドリ目カモメ科
カモメ 鴎 Common Gull、(亜種コカモメ:New Gull) Larus canus
全長45cm 冬鳥
生息場所: 夏季にユーラシア大陸北部やカナダ西部、アラスカ州などで繁殖し、冬季になるとアフリカ大陸北部やヨーロッパ、ペルシャ湾沿岸部、アメリカ合衆国西部、中華人民共和国東部などへ南下し越冬する。日本では主に亜種カモメが冬季に越冬のため飛来(冬鳥)し、海岸、河口、港などに生息するが多くない。 習性:食性は雑食で、主に魚類、動物の死骸などを食べる。群生が強い。他のカモメ類と混群をつくる。 声:「キューウ キュキュキュ」

■雌雄 同色
■夏冬
説明の写真
夏羽

夏羽は頭が白い。

カモメは良く使う言葉ですが、正確にはカモメ類を指すことが多いでしょう。

種としてのカモメは少ないのか、2年かかってやっと撮影出来ました。

北九州市 2005.4

SWAROVSKI STS80HD (20-60zoom) + SONY DSC-W1
説明の写真
冬羽

頸に小斑があります。

カモメは、くちばし全体が黄色です。あるいは、くちばしの斑がセグロカモメより不明瞭です。

広島県 2006.12
説明の写真
換羽途中

頭だけに斑があります。

北九州市 2010.3

Canon EOS7D + EF600mmF4L * 1.4

■特徴など
説明の写真
体が小さい。
(手前2羽)

セグロカモメに比べて体が小さいです。

広島県 2006.12
説明の写真
これもカモメ
でしょう。

くちばしは第3回冬羽の時のくちばしに似ています。
カモメは3年で成鳥になるようです。

北九州市 2005.4
説明の写真
カモメ多し

この冬は種としてのカモメが多かった。
この場所ではカモメがセグロカモメと同等の数がいました。

山口県 2015.1
説明の写真
カモメ飛翔

カモメが飛んでくれました。
カモメ類は潮が引くと堤防から離れることが多いようです。

山口県 2015.1
説明の写真
カモメどうし

同じカモメなのに大きさが違います。亜種コカモメかと思いましたが、 小さい方の初列風切を見ると(下)亜種カモメのようです。

行橋市 2015.1
説明の写真
初列風切

写真は小さい個体でしたが、初列風切はカモメと同じような模様でした。

行橋市 2015.1

■亜種 
 ・L.c.brachyrhynchus  亜種コカモメ 北米、外側から3枚目の初列風切先端に白い斑紋が入らない。
                       初列風切外側から1-2枚目の白斑が大きい傾向にある。
 ・L.c.kamtschatschensis  亜種カモメ 外側から3枚目の初列風切先端に白い斑紋が入る。
 ・L.c.canus  Linnaeus,1758
 ・L.c.heinei  亜種ニシシベリアカモメ など

 ※コカモメを独立種とする説が一部あるようです。

HOME  RETURN
Copyright 2002〜 見て歩き北九州発 All Rights Reserved