見て歩き北九州発 野鳥 一覧 タカ目タカ科
カンムリワシ 冠鷲 Crested serpent eagle Spilornis cheela   
全長約55cm 八重山列島の留鳥
生息場所:インド、インドネシア、スリランカ、タイ、ベトナム、中国南部等に分布する。日本では八重山越冬に留鳥として湿地、水田、マングローブ林等に生息する。 習性:食性は動物食で、両生類、爬虫類、甲殻類、昆虫類等を捕食する。樹上や電柱から獲物が通りかかるのを待ち、獲物を見つけると襲いかかる。人をあまり恐れず、普段はじっとしている事が多い。 声:高い声で「ピィー」、繁殖期:「ピュピュピュピュィー」

■雌雄 同色
説明の写真
全体的に褐色

色は遠くから見るとトビに似ているが沖縄方面にトビはいないので分かりやすい。


石垣島 2017.1

■夏冬 同色
■特徴など
説明の写真
カンムリ

はこのような白い羽毛の混じる冠羽で、あまり高くない。


石垣島 2017.1
説明の写真
電柱から狩り

トラクターの作業を電柱から見ていました。


石垣島 2017.1
説明の写真
獲物を

捕っています。


石垣島 2017.1
説明の写真
電柱以外では

こんな場所にいました。


石垣島 2017.1
説明の写真
フラッグ付

フラッグの付いたカンムリワシは、事故で保護されたことのある個体とのことです。


石垣島 2017.1
説明の写真
正面顔

人をあまり恐れないので、車内からアップが撮れました。


石垣島 2017.1
説明の写真
側面顔

人をあまり恐れないので、車内からアップが撮れました。


石垣島 2017.1
説明の写真
翼を拡げた姿



石垣島 2017.1
説明の写真
翼を拡げた姿2



石垣島 2017.1

HOME  RETURN
Copyright 2002〜 見て歩き北九州発 All Rights Reserved