見て歩き北九州発 野鳥 一覧 スズメ目ホオジロ科
キマユホオジロ 黄眉頬白 Yellow-browed Bunting Emberiza chrysophrys  
全長15.5cm 旅鳥
生息場所:まれな旅鳥として渡来するが、対馬では良く見られる。低木の林、林縁や農耕地で見られている。 声:地鳴き:「チッ チッ」

■雌雄
説明の写真
オス

眉が黄色で、側頭線は黒色。

対馬 2013.5
説明の写真
メス

眉が黄色で、側頭線は茶褐色。

遠くから見るとミヤマホオジロが冠羽を寝せているように見えました。

対馬 2006.5

SWAROVSKI STS80HD (20-60zoom) + SONY DSC-W1

■夏冬 同色
■亜種(国内) なし

■特徴など
説明の写真
メス1

メスはオスに比べえうろ見られやすい気がします。元々少ない鳥なので、たまたまかも知れませんが。

長崎本土 2012.5
説明の写真
メス飛出し

飛出しも撮れました。

長崎本土 2012.5
説明の写真
メス2

手前です。

対馬 2006.5
説明の写真
オス1

何故かメスほどうまく撮らせてもらえません。たまたまかも知れませんが。

対馬 2006.5
説明の写真
オス2

翌年は少し近くから撮らせてもらいました。

対馬 2007.5
説明の写真
オス3

九州本土にて

長崎県 2012.5
説明の写真
オス4

九州本土にて

長崎県 2010.5

HOME  RETURN
Copyright 2002〜 見て歩き北九州発 All Rights Reserved