見て歩き北九州発 野鳥 一覧 チドリ目カモメ科
コアジサシ 小鰺刺 Little Tern Sterna albifrons  
全長28cm 夏鳥
生息場所:夏鳥として渡来し、海岸や河川の砂浜、荒地、乾いた河原などでコロニーをつくって繁殖する。周辺の海岸、河川、池沼などで餌をとる。繁殖後も群をつくる。 習性:ホバリングからダイビングして、水に頭から飛び込んで餌を捕らえる。 声:「キリッ キリッ」、「クリィ クリィ」

■雌雄 同色
説明の写真
成鳥

額の白色部が特徴


福岡市 2006.7

SWAROVSKI STS80HD (20-60zoom) + SONY DSC-W1
説明の写真
幼鳥

大きくなっていますが、まだ成鳥とは模様が違います。

沖縄県 2006.7
説明の写真
もっと幼鳥

歩けるようですが、雛といってもよいかも知れません。

宮崎県 2007.7

※これは鳥にプレシャーを与えないよう離れて写しています。

■夏冬 冬羽では額の白色部は頭頂まで広がり、くちばしは黒になる。
■亜種(国内) なし

■特徴など
説明の写真
子は大きくなり

飛べるようになっても、しばらく親から餌を貰っています。

福岡市 2006.7
説明の写真
縄張り?

コアジサシは大きな群れをなします。
羽を広げているの(左)が飛んできましたが、右の鳥は「ココにくるな!」といった素振りでした。

福岡市 2005.7
説明の写真説明の写真
成鳥飛翔   Canon EOS30D + EF400mmF5.6
説明の写真
幼鳥飛翔

飛べますが、餌を採るまでには至っていないようです。
飛行中、盛んに餌の横取りシーンを見ましたが、どうやら飛べる幼鳥が親から餌を貰おうとしていたようです。

宮崎県 2007.7
説明の写真
親子

親子は微笑ましいです。
遠かったので、親にプレッシャーを与えず良いでしょう。

福岡市 2006.7

親子をもっと見る
説明の写真
親子

餌をもらっています。

宮崎県 2006.7


コアジサシの水浴び



HOME  RETURN
Copyright 2002〜 見て歩き北九州発 All Rights Reserved