見て歩き北九州発 野鳥 一覧 チドリ目チドリ科
コバシチドリ 小嘴千鳥 Dotterel Charadrius morinellus  
全長21cm 春秋の旅鳥
生息場所:ごくまれに春と秋の渡りの時期に渡来することがある旅鳥。海岸の砂浜、水田の刈り跡、河川などに生息する。 習性:地面を掘って巣を作る。食性は動物食で昆虫類、貝類等を食べる。 声:「ピウィッ ピウィッ ピウィッ」

■雌雄 同色
説明の写真
冬羽

シロチドリやハマシギの群れに1羽でいました。


Canon EOS50D + EF600mmF4L

■夏冬 夏は栗色の胸、黒色の腹、茶色の背中と目立つ色合いになる。
■亜種(国内) なし

■特徴など
説明の写真
眉斑は後ろまでつながっています。

説明の写真
翼を広げた姿

大きさ比較として、ハマシギより大きい。
説明の写真
翼を広げた姿2

説明の写真
伸び

説明の写真
飛翔


HOME  RETURN
Copyright 2002〜 見て歩き北九州発 All Rights Reserved