見て歩き北九州発 野鳥 一覧 スズメ目ホオジロ科
コホオアカ 小頬赤 Little Bunting Emberiza pusilla  
全長12.5cm 旅鳥または冬鳥
生息場所:数少ない旅鳥または冬鳥。ユーラシア大陸の高緯度地方で繁殖し、冬期は中国、東南アジアに渡る。水田、干拓地、造成地などの荒地の草原に生息する。冬期はヤブにいることが多い。 声:「ヅッヅッ」

■雌雄 ほぼ同色
説明の写真
夏羽

腹の縦斑も細くなく、顔の赤味も眉斑までしっかりと赤褐色です。
茶褐色の頭央線がホオアカにない特徴です。

佐賀県 2007.3

SWAROVSKI STS80HD (20-60zoom) + SONY DSC-W1

■夏冬 冬は頬等の赤褐色は淡い。
■亜種(国内) なし

■特徴など
説明の写真
地面

にも降りるようです。


佐賀県 2007.3
説明の写真
こちらでも地面



長崎県 2007.4
説明の写真
たくさん

いました。

対馬 2007.5

HOME  RETURN
Copyright 2002〜 見て歩き北九州発 All Rights Reserved