見て歩き北九州発 動物 チョウ目タテハチョウ科
コミスジ 小三條 Common Glider, Pallas's Sailer Neptis sappho  
前翅長:23-31mm 4月〜11月、1-4回発生
生息場所:シベリアの亜寒帯域から中央アジア、インドシナ半島、台湾の熱帯域まで、アジアに広く分布する。 日本では北海道から屋久島・種子島まで分布する。低地や丘陵地の森林周辺に多く、郊外の住宅地でも見られ、山頂にはあまりおらず、山麓のチョウといえる。 習性:花や吸水に来るが、樹液にはあまり来ない。幼虫はクズ、ハギ、フジ、ニセアカシアなどのマメ科植物を食草とする。
説明の写真
3つスジがあります。

北九州市 2012.6
説明の写真
どこで見ても

似ています。

豊前市 2006.8
説明の写真
翅を閉じたところ

同じ場所

HOME  RETURN
Copyright 2002〜 見て歩き北九州発 All Rights Reserved