見て歩き北九州発 野鳥 一覧 スズメ目ムクドリ科
コムクドリ 小椋鳥 Red-cheeked Starling Agropsar philippensis  
全長19cm 北部九州では春秋の旅鳥
生息場所:夏季は北海道、本州北部で繁殖し、冬季はフィリピン方面で越冬する。九州では春秋の渡りの時期に見られる。 習性:昆虫類を好み、実も食べる。群性が強い。 声:「キュル キュルル」、「ギュルギー」

■雌雄
説明の写真
オス

頬に模様があります。

福岡県 2005.9

SWAROVSKI STS80HD (20-60zoom) + SONY DSC-W1
説明の写真
メス

頬に模様はありません。


■夏冬 同色
■亜種(国内) なし

■特徴など
説明の写真
オスは背の色が濃い
説明の写真
春は個々に

九州では春秋に見られ、春は個々に見られます。桜と一緒にどうぞ。

長崎県 2018.3
説明の写真
桜と飛翔


長崎県 2018.3
説明の写真
群性が強く、秋は集結します。


福岡県 2008.9
説明の写真
集結は凄い数です。


福岡県 2008.9
説明の写真
壮観です。


福岡県 2008.9


コムクドリねぐらに帰る。

ねぐら入りへ移動の動画をどうぞ。



もう1画像


HOME  RETURN
Copyright 2002〜 見て歩き北九州発 All Rights Reserved