見て歩き北九州発 野鳥 一覧 スズメ目ヒタキ科
コサメビタキ 小鮫鶲 Brown Flycatcher Muscicapa latirostris  
全長13cm 北九州では主に春秋の旅鳥
生息場所:夏季はユーラシアの中央北部で繁殖し、冬季はインドから中国南部、東南アジアなどに渡る。日本には夏鳥として渡来し、北海道から九州までの全国各地で繁殖する。平地から標高1000mぐらいまでの林に生息し、密生した林より明るい林に生息する。 北九州では渡りの時期に見られることが多い。 習性:枝などに止まり、虫を捕らえると、再び元の場所へ戻る。 声:地鳴き:「ツィー」、さえずり:「チッチィーチュィチュィ」

■雌雄 同色
説明の写真
成鳥

コサメビタキは、エゾビタキに似ていますが、胸が白く、やや頭が大きく、目が大きい。
エゾビタキの後の時期に見られました。

下関市 2004.10

KOWA TSN-664 (30*W) + Nikon COOLPIX4300
説明の写真
幼鳥

やや育っている。胸にややもやもやと模様が見えるが、サメメビタキではありません。目先が白っぽいです。
1羽で渡りの最中(たぶん)でした。

山口県 2009.8
説明の写真
幼鳥

まだ、幼い。親が居なければ分からないところでした。

山口県 2009.8

■夏冬 同色
■亜種(国内) なし

■特徴など
説明の写真
白い胸です。

下関市 2004.10
説明の写真
初列風切の突出は少ない。

エゾビタキ、サメビタキの中で一番少ない。

下関市 2004.10
(再掲)
説明の写真
いろいろ(横姿)


北九州市 2006.10
説明の写真
いろいろ(後ろ姿)


山口県 2007.4
説明の写真
初夏

に見られました。
夏鳥ではあるのですが、この時期珍しい。

山口県 2007.6

HOME  RETURN
Copyright 2002〜 見て歩き北九州発 All Rights Reserved