見て歩き北九州発 野鳥 一覧 チドリ目シギ科
コシャクシギ(小杓鷸) Little Whimbrel Numenius minutus  
全長約31cm 春秋の旅鳥
生息場所:春秋の渡りの時期にごく少数が渡来する。海岸に近い背の低い草原、畑などに生息する。 声:「ピピピピピー」

■雌雄 同色
説明の写真
2羽いました。

その前は3羽見られたそうです。

長崎県 2010.5

Canon EOS7D + EF600mmF4L × 1.4
説明の写真
別角度で

長崎県 2010.5

Canon EOS7D + EF600mmF4L × 1.4

■夏冬 冬は全身が淡褐色味を帯びる。
■亜種(国内) なし

■特徴など
説明の写真
顔だけ出しています。

対馬 2006.5

SWAROVSKI STS80HD (20-60zoom) + SONY DSC-W1
説明の写真

コシャクシギと間違えやすいのが、チュウシャクシギの幼鳥や若です。

これらはくちばしが短いからです。

これは本物のコシャクシギです。

会えて良かった。コシャクシギは田畑に多いです。

HOME  RETURN
Copyright 2002〜 見て歩き北九州発 All Rights Reserved