見て歩き北九州発 動物 チョウ目(鱗翅目)シジミチョウ科
クロツバメシジミ 黒燕小灰蝶 The Black Cupid Tongeia fischeri  
前翅長 22-25mm  5〜11月ごろまで年3〜4回発生
生息場所:本州(群馬県以西)、四国、九州北部〜中部、国外ではシベリア中〜極東、モンゴル、中国大陸東北部、朝鮮半島に分布し、人家周辺から低山地で見られる。 習性:幼虫の食草はツメレンゲ・イワレンゲ・タイトゴメ・マンネングサ(ベンケイソウ科)

■雌雄
説明の写真
雌雄ともに

翅表が黒っぽいことから、クロツバメシジミと言うようです。
この個体はあまり黒くない。

長崎県 2016.10

■特徴など
説明の写真
尾状突起

尾状突起が特徴です。

長崎県 2016.9

■亜種 本種は生息域が分断されており地理的変異が著しい
 ・T. f. fischeri  
 ・T. f. caudalis  九州沿岸・朝鮮半島亜種
 ・T. f. japonica  東日本亜種 
 ・T. f. shojii   西日本亜種 

HOME  RETURN
Copyright 2002〜 見て歩き北九州発 All Rights Reserved