見て歩き北九州発 野鳥 一覧 チドリ目チドリ科
メダイチドリ 目大千鳥 Mongoloan Plover Charadrius mongolus
全長19cm 春秋の旅鳥
生息場所:夏はユーラシア大陸中東部で局地的に繁殖し、冬は、アフリカ東部・中東・東南アジア・オーストラリアなどで越冬する。日本では、旅鳥として春と秋の渡りの時期に渡来する。関東地方以西では、少数が越冬する。主に河口や海岸の干潟や砂州に生息する。 習性:群性が強い。声:「クリリツッ クリリリ」

■雌雄 同色
■夏冬
説明の写真
夏羽

メダイチドリは、似ているオオメダイチドリより、脚が短くくちばしが細く短い。もちろん大きさは違います。

夏羽は色が鮮やかです。

佐賀県 2006.4

SWAROVSKI STS80HD (20-60zoom) + SONY DSC-W1
説明の写真
夏羽に近い


熊本県 2005.9
説明の写真
冬羽に換羽中

のように見えます。

冬羽では顔の黒色部や胸のオレンジ色部は褐色。

熊本県 2005.9
説明の写真
冬羽に換羽中2
斜め前の姿

胸のオレンジ色は薄い。


佐賀県 2005.9
説明の写真
幼羽に近い

羽縁のバフ色が残っているように見えます。さしずめ第1回目の冬羽でしょう。

佐賀県 2011.10

■特徴など
説明の写真
オオメダイチドリ(左)
とメダイチドリ(右)

冬羽と夏羽の違いがありますが、体のバランスに注目ください。
メダイチドリ(右)は、オオメダイチドリ(左)より、脚もくちばしも短いのが分かります。

2005.10
説明の写真
脚が長い

脚の長い個体もいます。
要注意です。

佐賀県 2011.10

■亜種
  ・Charadrius mongolus mongolus 基亜種
  ・Charadrius mongolus stegmanni 日本に多い
  ・Charadrius mongolus schaeferi チベットメダイチドリ 小さく嘴が長くとがる。
  ・Charadrius mongolus pamirensis パミールメダイチドリ? 小さく嘴が長くとがる。
  ・Charadrius mongolus atrifrons モウコメダイチドリ 小さく嘴が長くとがる。



HOME  RETURN
Copyright 2002〜 見て歩き北九州発 All Rights Reserved