見て歩き北九州発 野鳥 一覧 チドリ目カモメ科
ミツユビカモメ 三趾鴎 Black-legged Kittiwake Rissa tridactyla  
全長39cm 西日本では稀な冬鳥
生息場所:アメリカ大陸・ユーラシア大陸・グリーンランドの海岸部で繁殖し、冬季になると北大西洋や北太平洋、北極海で越冬する。日本では冬季に飛来する。西日本はやや少ない。外洋や外洋に面した海岸に生息する。 習性:食性は動物食で、魚類、軟体動物等を食べる。声:「キッキッ」「キュッ」「ギーギー、ガーガー」

■雌雄 同色
説明の写真
成鳥冬羽

ミツユビカモメは第1趾が痕跡的で趾が3本しかないように見える。
脚は英語名にあるように黒色。
冬羽は頭部に特徴。
餌の豊富な漁港で見られた。ここはキビナゴが多かった。

山口県 2013.3

Canon EOS30D + EF600mmF4
説明の写真
第1回冬羽

M字型模様が第1回冬羽の特徴。
尾羽先端にも黒帯がある。
外洋性の鳥であるが漁港で見られた。が、翌日は遠く沖合いに浮いていた。

福岡県 2010.2

Canon EOS30D + EF600mmF4 × 1.4

■夏冬 夏羽では頭部が白い。

■亜種(国内) なし

■特徴など
説明の写真
成鳥は翼の先端が黒い


山口県 2013.3
説明の写真
冬羽は目の後方に黒い斑がある。


山口県 2013.3
説明の写真
ウミネコ(幼鳥)との大きさ比較


山口県 2013.3
説明の写真
第1回冬羽の翼上面

M字型模様の第1回冬羽の特徴が出ています。
尾羽先端にも黒帯がある。

福岡県 2010.2
説明の写真
第1回冬羽の飛びあがる瞬間です。


福岡県 2010.2
説明の写真
第1回冬羽2


福岡県 2010.2
説明の写真
第1回冬羽3


福岡県 2010.2
説明の写真
第1回冬羽4


福岡県 2010.2
説明の写真
第1回冬羽5


福岡県 2010.2

HOME  RETURN
Copyright 2002〜 見て歩き北九州発 All Rights Reserved