見て歩き北九州発 野鳥 一覧 チドリ目ミヤコドリ科
ミヤコドリ 都鳥 Oystercatcher Haematopus ostralegus
全長45cm 北部九州では冬鳥
生息場所:ユーラシア大陸北部で繁殖し、アフリカ北部〜インド〜中国東部の海岸で越冬する。日本では海岸や河口の干潟、磯、砂浜の海岸などに渡来する。旅鳥または冬鳥。 習性:小さな群れを作る。二枚貝が好みで、砂に立て、こじあけて食べる(英名の由来)。ほかにカニやゴカイなども食べる。 声:「クリー」、「ピッ ピッ」

■雌雄 同色
説明の写真
成鳥

赤いくちばしが
目立ちます。


福岡市 2003.10
SWAROVSKI STS80HD(20-60zoom) + Nikon COOLPIX4300
説明の写真
幼鳥

くちばしが赤くなく、くすんでいます。
足の色もやや薄い。
背はやや茶色っぽく真っ黒ではありません。


行橋市 2015.11
Canon EOS70D + EF600mmF4L * 1.4

■夏冬 同色

■特徴など
説明の写真
黒と白の

コントラストも見事です。

福岡市 2003.10
 ここは2羽います。上と同じ場所。福岡市 2003.10
説明の写真
 

説明の写真
ここはたくさん、いました。
しかし、ほとんど寝ています。残念(>_<)

山口県 2007.1
 やっと動いてくれました。山口県 2007.1
説明の写真
 
説明の写真
3月に

全部で9羽見られました。

今冬の間は見られなかったようです。

山口県 2010.3
 7月中旬、幼鳥まだいます。福岡県 2016.7
説明の写真
 

■亜種
 ・H. o. ostralegus  スカンジビア半島からヨーロッパ南部。冬季はアフリカ。
 ・H. o. longipes  ロシア、シベリアからカスピ海、アラル海。
 ・H. o. osculans  カムチャツカ半島、北朝鮮。冬季は中国東部。

HOME  RETURN
Copyright 2002〜 見て歩き北九州発 All Rights Reserved