見て歩き北九州発 野鳥 一覧 スズメ目ホオジロ科
ミヤマホオジロ 深山頬白 Yellow-throated Bunting Emberiza elegans  
全長15.5cm 冬鳥
生息場所:冬鳥として渡来し、低山地や平地の明るい林に生息する。 習性:群れをつくることが多い。驚いた時は冠羽を立てる。農耕地や林の地上で、草の種子や昆虫類を食べる。 声:さえずり:「チチ チュル チュル チル」、地鳴き:「チッ チッ」

■雌雄
説明の写真
オス 眼先と耳羽が黒い。ミヤマホオジロ冠羽が特徴です。 椎田町 2005.1
説明の写真
メス

眼先と耳羽はオスほど黒くありません。


宮若市 2004.11

KOWA TSN-664 (30*W) + Nikon COOLPIX4300

■夏冬 夏のオスは黒褐色の冠羽となる。
■亜種(国内) なし

■特徴など
説明の写真
顔は細面です。

椎田町 2005.1
説明の写真
冠羽を寝させることもあります。

上と同じ個体
説明の写真
オス

群れていました。

椎田町 2005.1

SWAROVSKI STS80HD (20-60zoom) + SONY DSC-W1
説明の写真
雪とミヤホ
(オス)

冬鳥は雪が似合います。

山口県 2013.1

Canon EOS7D + EF600mmF4L * 1.4
説明の写真
雪とミヤホ
(メス)

やはり冬鳥は雪が似合います。

山口県 2013.1

Canon EOS7D + EF600mmF4L * 1.4

HOME  RETURN
Copyright 2002〜 見て歩き北九州発 All Rights Reserved