見て歩き北九州発 動物 チョウ目シジミチョウ科
ムラサキツバメ 紫燕 powdered oakblue Narathura bazalus  
翅開長:36mm〜40mm、5月下旬〜11月頃(世代交代)、成虫で越冬
生息場所:ヒマラヤ地方東部から中国南部にかけての照葉樹林帯を中心に、南はマレー半島、東は台湾、日本まで分布する。南方系のチョウ。習性:幼虫の食草は、マテバシイやシリブカガシ。

■雌雄 
説明の写真
メス

メスの方が綺麗。
ムラサキツバメは冬でも見られるのが良い。


宮崎県 2017.12

説明の写真
オス

オスは地味。


宮崎県 2017.12


■特徴など
説明の写真
尾状突起

ツバメの名の由来になる尾状突起があります。ツバメの尾からこの突起物は命名されました。
また似ているツバメシジミよりも大型です。


宮崎県 2017.12

説明の写真
裏側

は、枯れ葉みたいです。
止まっているときや集団越冬しているときはカモフラージュになると思われます。

宮崎県 2017.12
説明の写真
裏側透けて

見えるところ。

宮崎県 2017.12

HOME  RETURN
Copyright 2002〜 見て歩き北九州発 All Rights Reserved