見て歩き北九州発 野鳥 一覧 アビ目アビ科
オオハム 大波武 Black-throated Diver Gavia arctica  
全長72cm 冬鳥
生息場所:冬鳥として渡来し、海上、沿岸に生息し、海に近い湖沼でも見られることもある。 習性:潜水して魚を捕らえる。水上を好み、ほとんど地上へは上がらない。 声:「ウロー」「ウルォー」「アァー」

■雌雄 同色
説明の写真
冬羽

オオハムは脇に白い部分が見えます。


福津市 2010.2

Canon EOS7D + EF600mmF4L × 1.4

■夏冬 夏羽になると、頭部から後頸が薄く灰色になり、喉は暗くなります。
■亜種(国内) なし

■特徴など
説明の写真
僅かな首輪

シロエリオオハムのような首輪が見えますが、こちらは薄く両側に繋がっていません。


対馬 2006.5

SWAROVSKI STS80HD (20-60zoom) + SONY DSC-W1
説明の写真
同じ場所にもう1羽

上の写真の個体と微妙に違います。オオハムは雌雄同色なので、雌雄かどうか不明です。

対馬 2006.5
説明の写真
2羽一緒

近かったです。

目をしばしば閉じていたので、半分寝ていたのかな。
説明の写真
近い

ほんと近かったです。
説明の写真
海では

海での観察は遠いことが多いです。
また波があると谷間では見えません。
ここでは、この姿をしてくれたので発見できました。

岡垣町 2006.2
説明の写真
パタパタ

これは近かったです。
漁港に入って間近で見られることがあります。
福津市 2010.2
説明の写真
飛翔の姿

着地前です。

福津市 2010.2

HOME  RETURN
Copyright 2002〜 見て歩き北九州発 All Rights Reserved