見て歩き北九州発 野鳥 一覧 スズメ目アトリ科
オオマシコ 大猿子 Pallas's Rosefinch Carpodacus roseus
全長17.5cm 冬鳥
生息場所:中央シベリアから東シベリアにかけての亜寒帯の地域で繁殖し、冬季はモンゴル、中国東部、朝鮮半島に渡り越冬する。日本では、冬鳥として山地やヤブのある林縁や低木林に渡来するが数は少ない。 習性:ズミなどに木の実や、草の種子を食べ、地上に降りることもある。小さな群をよくつくる。 声:「ピイーッ ピイーッ」、「フイッ フイッ」

■雌雄
説明の写真
オス

赤いです。


広島県 2006.11

SWAROVSKI STS80HD (20-60zoom) + SONY DSC-W1
説明の写真
メス

赤みがありません。
胸に褐色の縦斑があります。


広島県 2006.11

■夏冬 夏はくちばしが暗灰色。
■亜種(国内) なし

■特徴など
説明の写真
オス後ろ姿

背中はこうです。
実を一所懸命食べていました。


広島県 2006.11
説明の写真
メス後ろ姿

背中はこうです。


広島県 2006.11
説明の写真
オスとメス一緒


広島県 2006.11
説明の写真
メス第1回冬羽

赤みがほとんどありません。


広島県 2006.12

説明の写真
白い雪に赤い鳥 白に赤は映えます。 山口県 2007.1
説明の写真
雪にアップで

近くに寄って来ました。


山口県 2007.1
説明の写真
オス2羽


山口県 2007.1
説明の写真
メスと雪


山口県 2007.1
説明の写真
雌雄一緒

ピントがメスに合っているのも有りますが取り敢えずこの1枚を。


香川県 2014.3
説明の写真
背景

すっきででどうぞ。


香川県 2014.3
説明の写真
近く

比較的近くでどうぞ。


香川県 2014.3
説明の写真
かわいい


香川県 2014.3
説明の写真
飛び出しモノ


香川県 2014.3

HOME  RETURN
Copyright 2002〜 見て歩き北九州発 All Rights Reserved