見て歩き北九州発 野鳥 一覧 タカ目タカ科
オオノスリ 大鵟 Upland Buzzard Buteo hemilasius  
全長60cm まれな冬鳥
生息場所:夏は、モンゴル・中国北東部・チベットで繁殖し、冬は、インド・中国東南部・朝鮮半島へ渡り越冬する。日本には、かなりまれな冬鳥として渡来する。干拓地など見られている。

■雌雄 ほぼ同色
説明の写真
全体的にノスリより大きく白っぽい。
腹部にはノスリのように濃褐色の腹巻きに見える斑がありません。

鹿児島県 2006.2

SWAROVSKI STS80HD (20-60zoom) + SONY DSC-W1

■夏冬 同色
■亜種(国内) なし

■特徴など
説明の写真
正面顔

頭部はケアシノスリのように目立った縦斑がありませんが、僅かに縦斑はあるようです。

鹿児島県 2006.2
説明の写真
横顔

横から見ると頭部・頸部にケアシノスリのような縦斑が見えません。

オオノスリの「ふしょ」上部は暗褐色の羽毛で覆われるらしいのですが、写真では分かりにくいです。
また、この個体はオオノスリの中でも特に全体的に白っぽくかんじます。
説明の写真
飛翔

尾は濁った白色で細かな暗褐色の横斑が数本あります。
ノスリにはこれがありません。
ケアシノスリは尾の先端が黒褐色のようです。

Panasonic FZ30

AUTO(1/250s F5.6 ISO80)
EX19.1倍(668.5mm相当)300万画素
説明の写真
飛翔2

逆光になると厳しいですが、たくさん写真を載せておきましょう。
この年は、知るかぎり福岡県、山口県、大分県、鹿児島県に出現しました。

鹿児島県 2006.2
説明の写真
これは別の年、別場所

オオノスリがまた出ました。ハイイロチュウヒに追われています。

佐賀県 2009.01

HOME  RETURN
Copyright 2002〜 見て歩き北九州発 All Rights Reserved