見て歩き北九州発  動物 チョウ目シジミチョウ科
オオルリシジミ  大瑠璃小灰蝶  The Large Shijimi Blue  Shijimiaeoides divinus  
開翅長3.5p程度 年1化で成虫は5月〜7月初頭ごろ
【生息場所】 日本では阿蘇と長野県北部のみ(人為的な個体群を除く)で、他の産地は絶滅した。  【習性】 クララを食草とする。

■雌雄
説明の写真
メス

羽の斑点が多く、列が特徴。瑠璃色はにぶい。
幼虫の食草のクララに止まっています。

阿蘇 2013.5
説明の写真
オス

羽の縁の黒帯以外は斑点が少ない。瑠璃色も鮮やか。
ちょっとバックが悪いけど翅を拡げて止まるのは少ないのです。

阿蘇 2013.5
説明の写真


こういう止まり方が多い。

阿蘇 2013.5

■亜種
  本州亜種
  九州亜種

■特徴など
説明の写真
クララはマメ科

草原などに自生する。 根を噛むとクラクラするほど苦いらしい。 全草有毒なので食べたりしないこと

阿蘇 2013.5
説明の写真
クララ

もう少し育ったところ。
阿蘇 2012.5
説明の写真
黄色い花にも

止まっていました。蜜を吸うようです。


天草 2013.5
 
HOME   RETURN
Copyright 2002〜 見て歩き北九州発 All Rights Reserved.