見て歩き北九州発 野鳥 一覧 チドリ目シギ科
オオソリハシシギ 大反嘴鷸 Bar-tailed Godwit Limosa lapponica  
全長約39cm 春秋の旅鳥
生息場所:ユーラシア大陸北部からアラスカ西部の北極圏で繁殖し、冬季は、ヨーロッパ西北部からアフリカ、西南アジア、東南アジア、オーストラリアの沿岸部に渡り越冬する。日本へは旅鳥として春と秋に全国に渡来する。海岸や、河口の干潟に生息する。 習性:穴にくちばしを入れ、カニやゴカイを捕らえて食べる。群生が強い。遠くに飛ぶ時は編隊を組む。声:「ケッケッ」

■雌雄
説明の写真
オス(夏羽)

夏羽は赤みが強いです。特に胸腹が赤褐色です。

佐賀県 2006.4
説明の写真
メス(夏羽)

赤褐色味が少ない。冬羽に似るが、羽軸と羽縁の色の差は冬羽よりも明瞭。

写真はソリハシシギと似ているかもしれませんが、オオソリハシシギはくちばし基部が赤っぽく足が黒いです。


豊前市 2005.4

SWAROVSKI STS80HD (20-60zoom) + SONY DSC-W1
説明の写真
幼鳥

黒褐色のギザギザの軸班です。

北九州市 2003.9

KOWA TSN-664 (30*W) + Nikon COOLPIX4300

■夏冬 冬羽では上面は灰褐色で黒褐色の軸班があり、下面は灰褐色。
■特徴など
説明の写真
くちばしがわずかに反っていて

大きいので見つけやすいです。
くちばしが角度によっては反ったように見えないことがあります。このとき、オグロシギに似るのですが、オオソリハシシギは腹に横縞線が見えないので、オグロシギとの違いが分かります。

上と同じ日
説明の写真
飛翔

北九州市 2007.4

Canon EOS30D + EF400mm

■亜種
  ・L. l. lapponica  (和名なし)、ヨーロッパ系、腰から背までが無班に近い白色
  ・L. l. baueri  亜種オオソリハシシギ、アラスカで繁殖しニュージーランド方面に渡る
  ・L. l. menzbieri  亜種コシジロオオソリハシシギ、ロシア北東部で繁殖しオーストラリア方面に渡る
  ・L. l. tymirensisi  (和名なし)、タイミル半島で繁殖する個体群とされる説がある

説明の写真
亜種コシジロオオソリハシシギ

名のとおり腰が白い

佐賀県 2015.7

HOME  RETURN
Copyright 2002〜 見て歩き北九州発 All Rights Reserved