見て歩き北九州発 野鳥 一覧 スズメ目ヒタキ科
ルリビタキ 瑠璃鶲 Siberian Bluechat Erithacus cyanurus  
全長14.5cmm 北九州では冬鳥
生息場所:夏季はユーラシア大陸の亜寒帯やヒマラヤ山脈で繁殖し、冬季はユーラシア大陸南部で越冬する。日本では夏季に本州中部以北、四国で繁殖し、冬季になると本州中部以南で越冬する。冬は主に林で見られる 習性:群れをつくらず1羽ずつでくらす。 声:地鳴き:「クルルッ」、「ビッ ビッ」、さえずり:「キョロキョロキョロリ」

■雌雄
説明の写真
オス成鳥

北九州市 2005.3

SWAROVSKI STS80HD (20-60zoom) + SONY DSC-W1
説明の写真
メス

ルリビオスは綺麗な青色になるまで2年以上かかると言われています。なのでオスかも知れませんが、この個体は羽に青みが見られず、白い眉斑も見られませんのでメスと思われます。

北九州市 2005.3

■夏冬 同色
■亜種(国内) なし

■特徴など
説明の写真
オス成鳥

2年以上経った個体は、綺麗な青色です。
この年は青いルリビが良く見られました。

北九州市 2005.1

動きをどうぞ

北九州市 2005.3
説明の写真
大きめにどうぞ

北九州市 2005.3
説明の写真
普通にどうぞ

山口県 2011.1
説明の写真
飛翔

北九州市 2015.2

ルリビタキの地鳴き

と動きを動画でどうぞ。

尾を上下するのが特徴。
途中ペリットのようなものを吐き出したように見えます。

山口県 2011.1

HOME  RETURN
Copyright 2002〜 見て歩き北九州発 All Rights Reserved