見て歩き北九州発 野鳥 一覧 スズメ目セキレイ科
サメイロタヒバリ 醒色田雲雀 Water Pipit Anthus spinoletta blakistoni
全長16cm 迷鳥
生息場所:ヨーロッパ中部南部、ロシア南東部で繁殖する。日本では迷鳥。 習性:セキレイのように腰を振り、足を交互に出して歩く。飛ぶ時には波形を描く。 声:「ピィーッ ピィーッ」、「ピィッ ピィッ」

■雌雄 同色
説明の写真
日本ではミズタヒバリ、イソタヒバリ、タヒバリの3種をタヒバリ(ミズタヒバリ)としている。しかし、学名は別種となっており、欧米では日本のタヒバリはミズタヒバリでなく、タヒバリとしている。この場合、サメイロタヒバリはミズタヒバリの亜種で別種となる。

全身が薄い。

福岡県 2009.2


■夏冬 不明
■特徴など
説明の写真
真横の姿

胸に縦斑がありません。


福岡県 2009.2
説明の写真
(参考)タヒバリ
胸の縦斑があります。

朝倉市 2006.12

■種類 タヒバリは、日本鳥類目録第7版では亜種なし。
  ただし次の3種をまとめてタヒバリA.spinoletta としている。
・タヒバリ A.rubescens  Buffbellied Pipet 北アメリカなどで繁殖
・イソタヒバリ A.petrosus  Rock Pipet ヨーロッパの北部とイギリスで繁殖
・ミズタヒバリ A.spinoletta  Water Pipet 上記以外

HOME  RETURN
Copyright 2002〜 見て歩き北九州発 All Rights Reserved