見て歩き北九州発 野鳥 一覧 タカ目タカ科
サシバ 差羽 Grey-faced Buzzard Eagle Butastur indicus 
全長オス47cm、メス51cm 夏鳥
生息場所:中国北部、朝鮮半島、日本で繁殖し、秋には群れをつくり南へ渡る。沖縄・南西諸島を経由して東南アジアやニューギニアで冬を越す。一部は沖縄・南西諸島で冬を越す。日本では4月ごろ夏鳥として本州、四国、九州に渡来し、平地から低い山地の林で繁殖する。 習性:カエルやヘビなどを食べる。人里近くに現れ水田などで狩りをする。小刻みにはばたきとグライディングを繰り返して直線的に飛ぶ。 声:「ピッ クィー」

■雌雄ほぼ同色
説明の写真
オス

眉斑がほとんどなく胸の模様が一様。

広島県 2007.6

SWAROVSKI STS80HD (30w) + IXY1000
説明の写真
後ろ姿

上と同じ個体
説明の写真
オスか

胸の模様がつぶれているように見え、眉班が小さい。
これが極端だとオスに間違いないのですが。

山口県 2008.7

SWAROVSKI STS80HD (30w) + Sony DSC-W7
説明の写真
メス

白い眉斑が立派なのでメスと思われる。

対馬 2009.5

Canon EOS30D + EF600mmF4 × 1.4

■幼鳥
説明の写真
幼鳥

腹が縦斑なので幼鳥。
胸模様はちょっとわかりにくいかも知れないけど

大分県 2009.3

Canon EOS30D + EF400mmF5.6
説明の写真
幼鳥

腹が縦斑なので幼鳥。
サシバは翼が長くて喉には縦線がある。

北九州市 2006.10

Canon EOS30D + EF400mmF5.6
説明の写真
大きく

見ましょう

■夏冬 同色
■亜種(国内) 亜種はないが暗色型がある。

■特徴など
説明の写真
「ピッ クィー」

と鳴いていました。
聞きなしの「キスッ ミー」には聞こえませんでした。でも節は似ている。


山口県 2008.7

SWAROVSKI STS80HD (30w) + Sony DSC-W7
説明の写真
鳴きながらも飛んでいました。

上と同じ個体

サシバ幼鳥1

動画でどうぞ。

声も良く入っています。

サシバ幼鳥2

動画でどうぞ。

鳴き声は僅かに入っています。
説明の写真
5月

もう来ています。


山口県 2008.7


説明の写真
白い眉斑

サシバは白い眉班が特徴です。これは立派。

動物園にて 2008.5

説明の写真
 石垣島で不明のアンテナを付けた個体 日本・台湾の組織では分からないようです。2017.1

HOME  RETURN
Copyright 2002〜 見て歩き北九州発 All Rights Reserved