見て歩き北九州発 野鳥 一覧 スズメ目ヒヨドリ科
シロガシラ 白頭 Chinese Bulbul Pycnonotus sinensis  
全長19cm 八重山諸島の留鳥
生息場所:中国南部を中心に多数生息。日本では八重山諸島に限定する。他は人為的に持ち込まれたと考えられていたが、最近では不明とされている。人家や畑の近くでも見られる。 習性:昆虫や木の実を食べる。飛び方は浅い波形を描く。 声:「フィーフィーフィー」、「ピヨピヨルー」、「ピッピッピュイピュイ」

■雌雄 同色
説明の写真
篭脱けか、あるいは放遂されたと考えられていましたが、現在は不明とされています。

長崎県 2008.11

■夏冬 同色
■特徴など

説明の写真
沖縄本島にて

沖縄本島ではシロガシラは元々いなかったそうで、1976年頃から見られるようになったようです。

沖縄県 2006.7

SWAROVSKI STS80HD (20-60zoom) + SONY DSC-W1
説明の写真

上と同じ場所
沖縄県 2006.7
説明の写真説明の写真
公園や田畑で見られました。大きい声で鳴くのですぐ分かります。飛んだところ。
沖縄本島にて 2006.7

説明の写真
沖縄本島にて 2013.9 Canon EOS7D + EF600mmF4L * 1.4

説明の写真
前姿

長崎県 2008.11
説明の写真
後姿

上と同じ場所
長崎県 2008.11
説明の写真
羽を拡げました。

上と同じ場所
長崎県 2008.11
説明の写真
渡りのポイントで

渡りの時期に
見られました。
渡りをしない鳥と思われていますが、渡っている可能性も否定できません。
定期的な渡りでなく分布域拡の移動とも考えられます。

長崎県 2018.4

シロガシラのさえずり

動画でどうぞ。

さえずりです。11月でしたけど。 横ではウグイスも「ホーホケキョ」とさえずっていました。

シロガシラ地鳴き

動画でどうぞ。

地鳴きの声が入っています。

■亜種
P. s. sinensis  亜種シロガシラ 中国南部
P. s. orii  亜種ヤエヤマシロガシラ 八重山諸島
P. s. formosae  亜種タイワンシロガシラ 台湾
   
 ※日本の個体群(八重山諸島以外)は亜種不明
説明の写真
亜種ヤエヤマシロガシラ

これぞ本当の野鳥でしょう。


石垣島 2017.1
説明の写真
亜種ヤエヤマシロガシラ2

もう1枚。


石垣島 2017.1

HOME  RETURN
Copyright 2002〜 見て歩き北九州発 All Rights Reserved