見て歩き北九州発 野鳥 一覧 スズメ目ヒタキ科
シロハラ 白腹 Pale Thrush Turdus pallidus  
全長24.5cm 冬鳥
生息場所:冬鳥として渡来する。低山の常緑広葉樹、神社や寺の林、公園、庭などで普通に見られる。 習性:落葉をくちばしでひっくり返しては、その中の餌を探している姿をよく見る。 声:地鳴き:「キョッ キョッ」、「クワッ クワッ」

■雌雄
説明の写真
オス

顔が濃い灰褐色です。

シロハラ(白腹)と言っても腹はそんなに白くありません。

北九州市 2008.2

Canon EOS30D + EF600mmF5.6
説明の写真
メス

オスに比べて顔が薄いです。

椎田町 2004.10

KOWA TSN-664 (30*W) + Nikon COOLPIX4300
説明の写真
別のオス

警戒心が薄いことや、あまり動かないことから若のように感じました。

太宰府市 2005.2

この個体、
大きい別の写真

■夏冬 同色

■特徴など
説明の写真
落葉をくちばしでひっくり返しては、その中の餌を探します。

じっと見ていたら近寄ってくれました。

椎田町 2004.10
説明の写真
シロハラ

餌を捕っているところ。

シロハラの餌動画
をどうぞ
説明の写真
気は強い。

カラスザンショウの木に来たヒヨドリ、マミチャジナイ、メジロをことごとく追っ払っていました。
声はブクブクとかビュクビュクと聞こえます。

前原市 2004.11

KOWA TSN-664 (25*LER) + OLYMPUS C-3030
説明の写真
気が強いので

2羽近くにいるとケンカで大変です。
たぶん渡って来たばかりの頃です。

長崎県 2012.11

Canon EOS7D + EF600mmF4L * 1.4
説明の写真
渡って来たばかりの頃

なので、渡ろうとする夏鳥クロツグミと一緒です。

長崎県 2012.11

Canon EOS7D + EF600mmF4L * 1.4
説明の写真
渡っている最中

陸から沖合30km付近の海上を北に飛んでいました。帰っているのだろうと思われました。 他にはヨタカが西へ飛んでゆくのを観察。渡って来ているところと思われます。

山口県 2012.11

Canon EOS7D + EF600mmF4L * 1.4
説明の写真
赤い花バックで

福岡市 2008.04

■亜種(国内) なし
説明の写真
亜種ではありませんが、黒化型がいました。

長崎県 2009.1
説明の写真
シロハラ(左)とシロハラ黒化型(右) 並べてみました。

説明の写真
シロハラ(バフ変)

こちらは、バフ変で、背などが薄くなっています。

大分県 2015.1

HOME  RETURN
Copyright 2002〜 見て歩き北九州発 All Rights Reserved