見て歩き北九州発 野鳥 一覧 チドリ目 カモメ科
シロカモメ 白鴎 Glaucous Gull Larus hyperboreus Gunnerus
全長約71cm。翼開長約160cm 冬鳥
生息場所:冬鳥として北海道、東北地方などへ渡来する。海岸や港湾で見られるが、外洋に出て行くことはあまりない。 習性:群れで生活していることが多く、他のカモメ類と混群を作っていることが多い。 声:「ミャオー、クワー」

■雌雄 同色
説明の写真
成鳥

シロカモメは北海道では普通に見られました。


北海道 2011.1

Canon EOS7D + EF600mmF4L * 1.4
説明の写真
第1回冬羽



北海道 2011.1
説明の写真
第2回か第3回の冬羽



北海道 2011.1
説明の写真
成鳥

もし第4回冬羽があるとしたら、そのくらい。

山口県 2015.1

■夏冬 夏羽は、体が白く、背と翼の上面は淡青灰色で、初列風切の先は白い。
     嘴が黄色で下嘴の先端部に赤い点がある、足が淡紅色である。
■亜種(国内) なし

■特徴など
説明の写真
混群をつくる


北海道 2011.1
説明の写真
飛翔の姿


北海道 2011.1
説明の写真
飛翔下面


北海道 2011.1
説明の写真
荒海で



北海道 2011.1
説明の写真
堤防飛翔1

山口県ではいろいろな姿を見せてくれました。

山口県 2015.2
説明の写真
堤防飛翔2

セグロカモメと一緒は珍しいかも知れません。シロカモメの多い北海道ではセグロカモメは少ないですから。

山口県 2015.2

HOME  RETURN
Copyright 2002〜 見て歩き北九州発 All Rights Reserved