見て歩き北九州発 野鳥 一覧 チドリ目シギ科
タカブシギ 鷹斑鷸 Wood Sandpiper Tringa glareola
全長21cm 春秋の旅鳥
生息場所:ユーラシア大陸北部で繁殖し、冬季はアフリカ、インド、東南アジア、ニューギニア、オーストラリアなどに渡り越冬する。日本では、旅鳥として春と秋の渡りの時期に全国的に渡来する。関東地方より南部では、少数が冬鳥として越冬する 池沼、湿地、水田の刈跡など水辺に生息する。海岸へは出ない。 習性:飛ぶときは群れでかたまるが、地上では餌食しながら次第に拡がっていく。 声:「ピッピッピッピッピッ」

■雌雄 同色
説明の写真
夏羽

名のとおりまだら模様が鷹の斑に似ています。学名の glareola は「小石の原」で石を並べたような模様を言います。

キアシシギに似ていますが、キアシシギより上面が濃い。
クサシギに似ていますが、クサシギより足が長い。高歩(たかぶ)シギの説もあります。


佐賀県 2011.5
Canon EOS7D + EF600mmF4L * 1.4

■夏冬 
説明の写真
冬羽

冬は、体がやや褐色を帯びコントラストは弱くなる。また、首から胸の斑も不明瞭になる。

まだ8月だけど、これからまだ薄くなります。

椎田町 2005.8
SWAROVSKI STS80HD (20-60zoom) + SONY DSC-W1
説明の写真
幼鳥

幼鳥は白い眉斑が目立ちます。斑の模様は成鳥ほど目立ちません
この個体は細めに見えます。

椎田町 2004.9

KOWA TSN-664 (30*W) + Nikon COOLPIX4300
■亜種(国内) なし

■特徴など
説明の写真
太目に見える

首を伸ばしたり縮めたりするので体型が違って見えます。
上の写真(幼鳥)とは体形的に違う鳥のように見えます。


熊本県 2005.9
説明の写真
夏羽に近い

タカブシギは近くに寄れることがあります。

対馬 2006.5

HOME  RETURN
Copyright 2002〜 見て歩き北九州発 All Rights Reserved