見て歩き北九州発 野鳥 一覧 スズメ目ツバメ科
ツバメ 燕 Barn Swallow Hirundo rustica  
全長17cm 夏鳥
生息場所:夏敏として渡来し、人家の軒などに営巣する。冬には温暖な地方で越冬するものもいる。 習性:人家の軒へ巣を造り、地上へ降りるのは、巣材をとる時だけ。親のねぐらは川原や海岸のアシ原の場合が多い。声:「ピチュビチュビチュビリリリ」

■雌雄 同色
説明の写真
成鳥

喉が赤褐色。

メスはオスに比べ尾が短め。

行橋市 2004.5

KOWA TSN-664 (30*W) + Nikon COOLPIX4300
説明の写真
幼鳥

喉やくちばしが薄く、尾羽や初列風切は短い。

行橋市 2004.5

■夏冬 同色
■特徴など
説明の写真
雨の日

ツバメは雨の日でも飛び回ります。
また、風の強い日も飛び回ります。飛翔能力が高いです。

行橋市 2004.5

KOWA TSN-664 (30*W) + Nikon COOLPIX4300
説明の写真説明の写真
尾羽の模様が良くわかります。 2004.5
説明の写真
巣作り

4月中旬、巣の素材を集めています。


福岡市周辺 2012.4

Canon EOS7D + SIGMA APO500mmF4.5
説明の写真
幼鳥

ツバメは1シーズンに、2〜3回繁殖するので、幼鳥を見る機会が多いです。

2006.6

SWAROVSKI STS80HD (20-60zoom) + SONY DSC-W1
説明の写真
子育て

子が親の顔を食べているようです。いや親が子の喉の奥まで餌をあげています。

山口県 2009.6

※これは鳥にプレシャーを与えないよう離れて写しています。
説明の写真
子供は飛べるのですが、まだ餌をもらっています。 広島県 2010.6
説明の写真説明の写真
2007.8
説明の写真
飛翔


佐賀県 2011.9

Canon Eos7D + EF400mm F5.6
説明の写真
飛翔


佐賀県 2011.9

Canon Eos7D + EF400mm F5.6
説明の写真
飛翔


佐賀県 2011.9

Canon Eos7D + EF400mm F5.6
説明の写真説明の写真
水を飲むところ。 2007.7
■亜種(国内)
  ・亜種ツバメ(H.r.gutturalis)普通良く見られるツバメ
  ・亜種アカハラツバメ(H.r.saturata) 腹が赤褐色
説明の写真
亜種アカハラツバメ

腹が赤褐色です。


長崎県 2012.5

Canon EOS7D + EF600mmF4L * 1.4
説明の写真
2亜種並んで

手前上:亜種アカハラツバメ
奥側下:亜種ツバメ


長崎県 2012.5

Canon EOS7D + EF600mmF4L * 1.4

HOME  RETURN
Copyright 2002〜 見て歩き北九州発 All Rights Reserved